3days

3daysキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

3daysキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

脚本は「サイン」「ファントム」をヒットさせたキム・ウニ

出演は「根の深い木‐世宗大王の誓い‐」のシン・ギョンスが担当していて、見ごたえ抜群のドラマになっています。

正義感にあふれるエリート警護官ハン・テギョン役を、パク・ユチョン。

大韓民国大統領のイ・ドンフィ役を、ソン・ヒョンジュ。

ソジョ派出所巡査のユン・ボウォン役を、パク・ハソン。

クールで警護室のブレーン、イ・チャヨン役を、ソ・イヒョン。

“大韓民国大統領暗殺”という陰謀を軸に、緊迫したサスペンスとロマンスが入り混じり、誰が味方で、誰が敵なのかわからないが随所に散りばめられています。

大統領護衛官のテギョンは、任務中に父の死の知らせを聞き動揺していまい、大統領を危険に晒してしまいます。

父の死に疑問を抱いたテギョンは、真相を確かめるために陸軍大佐にデホのところへ向かうと「3月5日に大統領が死ぬ」と謎の言葉を残し、息を引き取ります。

そして3月5日、休暇中の大統領は別荘で釣りをしている途中に停電が起き、暗闇の中、3発の銃声とともに、大統領は行方不明になります。

大統領の危険を伝えに別荘へ来たテギョンは、上司に陸軍大佐デホの言葉を報告するものの証拠が操作されたために一連の事件の犯人と疑われることになります。

消えた大統領は暗殺をされたのか、計画したのは一体だれなのか。

そして、父の死の真相を追い始めたテギョンは、隠された陰謀に立ち向かうことができるでしょうか。

そんな、大統領と警護官の信頼関係の人間ドラマや、真実を追い求める中、密かに惹かれあっていくテギョンとボウォンのラブストーリーもある「3days」の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

3daysキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

出典:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

パク・ユチョン/ハン・テギョン役

パク・ユチョン/ハン・テギョン役

エリート警護官。

大統領の市場訪問中、厳戒態勢での任務中に父ギジュンの死の知らせを受け動揺を隠しきれず、大統領を危険に晒し謹慎を言い渡されます。

葬儀の後、父の部屋が荒らされていることに気付き、パソコンから「機密文書98」というファイルを発見します。

ファイルから陸軍大佐のデホの元へ向かいますが、すでにデホは何者かに襲われた後で、「3月5日に大統領が死ぬ」という言葉を残し死んでしまします。

このことを秘書室長シン・ギュジンに報告をしに、謹慎中にも関わらず大統領の別荘へ向かいますが、すでに大統領は行方不明に…。

しかし、デホの言葉を伝えに行った証拠を何者かに消されてしまい、大統領狙撃とデホの殺害の濡れ衣を着せられ指名手配をされてしまいます。

そんな中、父が死んだときに遺品を持ってきた、ソジュ派出所の巡査のボウォンの協力で、父の事故死を管轄する警察署へと向かいます。

手掛かりを見つけ、その手掛かりは列車の座席の暗号とわかりますが、その座席に座っていたのは…。

そして、父がある事件に関与していたことを知ってしまします。

パク・ユチョン/ハン・テギョン役

狙撃されたはずの大統領は、病院に収容されていたことがわかり、ボウォンと一緒に大統領を非難させることに成功しますが…。

大統領が見つかったことで、事件の真相が少しづつ明らかになっていき、事件と関係のあるジェシングループの会長キム・ドジンと会うことになりますが、そこには同じ警護室のチェヨンが…。

パク・ユチョン/ハン・テギョン役

父親の死をきっかけに、大統領の“暗殺”計画が関わっていることに気が付き始めます。

警護官は、命がけでその対象者を守らなければないない。

「真実を明らかにする日まで自分を守ってほしい」と大統領と言われますが…。

その守るべき大統領の命を守る”価値”があるのかどうか、を思い悩みながら任務を全うするのか?

そして、父の死の真相などについて協力してくれている、ボウォン巡査とは…。

ソン・ヒョンジュ/イ・ドンフィ役

ソン・ヒョンジュ/イ・ドンフィ役

大韓民国大統領。

幼いとき貧しく育ったため、世の中が嫌になり猛勉強をし、昇りつめたのが「大統領」という職業。

休暇で訪れていた別荘の釣り場で、銃声とともに姿を消してしまします。

大統領 “暗殺”か。

ではなぜ、大統領は命を狙われたのでしょうか。

テギョンの父ギジュンの死をきっかけに、昔の事件が明るみになってきます。

ソン・ヒョンジュ/イ・ドンフィ役

大統領になる前は、経済関係省庁で働いていた時に、武器を売っていた「ヤンジン里事件」に関係しています。

“暗殺”されたと思われていましたが、実は事故に遭い病院に収容されていたことを知ったテギョンが、病院から連れて出してくれます。

命が助かったことで、「ヤンジン里事件」で関わっていたジェシングループの会長キム・ドジンとの戦いが始まります。

事件にかかわっていた人間がどんどん殺されていく中、事件の真実を明らかにしようと努力しますが…。

そして、テギョンに「守ってほしい」と頼みますが、父の死と関係してた事件に関わりのある人物である大統領は守ってもらえるのでしょうか。

そして、盟友でもある秘書室長ギュジンが、ドジンと手を組んで悪巧みをしていることを知り問い詰めますが…。

自分の周りで不振な動きが多く、悪だくみを考えている輩ばかりだと人間不信に陥りそうですね…。

だから、自分を命がけで守ってくれるテギョンに信頼を寄せているのでしょうか。

パク・ハソン/ユン・ボウォン役

パク・ハソン/ユン・ボウォン役

ソジョ派出所の巡査。

テギョンの父ギジュンの最後を見届け、テギョンと一緒にトラックを追いかけてカーチェイスとなります。

テギョンが父が事故に合った真相を突き止め列車に乗り込んだことで、捕まってしましますが、逃走を手助けします。

パク・ハソン/ユン・ボウォン役

一方、大統領が記者会見を開いている時に、警護室企画室のチャヨンが怪しい行動をしているのを見かけテギョンに知らせます。

大統領の記者会見中に殺されたリ少佐が生きていた時の足取りを追い始めます。

ケガをしたチャヨンが入院している病院で、ジェシングループの会長ドジンの部下を目撃します。

真実を知ろうと奔走するテギョンに協力し、自らも命の危険にさらされますが、テギョンとはどうなるのでしょうか。

ソ・イヒョン/イ・チャヨン役

ソ・イヒョン/イ・チャヨン役

出典:公式サイト

警護室企画室行政法務チームの一員。

警護室ではクールでブレーン的存在。

大統領が狙撃されたことで、現場を見に行き、警護室の内部に狙撃の共犯者がいるのではないかと疑います。

大統領秘書室長ギュジンの車から書類を盗み立ち去ろうとしますが、ドジンの部下に車を当てられ重体となってしまいます。

そして、入院している病院でドジンの部下が現れ…。

警護室のブレーンでもあるため、真意がつかみにくいチャヨン。

大統領を守るために動いているのか、または自分の利益のために警護室の仲間を動かしているのか、チャヨンの目的は何なのでしょうか。

チェ・ウォニョン/キム・ドジン役

チェ・ウォニョン/キム・ドジン役

出典:公式サイト

ジェシングループの会長。

「ヤンジン里事件」とジェシングループに関係があるとテギョンに突き止められます。

大統領秘書室長のギュジンを取り込み、新たな陰謀を企てており、秘書室長ギュジンを使って大統領と密会しようとします。

とうとう大統領と直接対面します。

そして、部下にけがをさせ、入院中のチャヨンを誘拐させます。

テギョンに「大統領の暗殺に協力すれば、仲間を開放する」と持ち掛けますが…。

一度は、身柄を拘束されるものの、拘置所から逃走し、ヤンジン里に向かい、テロを起こそうとします。

珍しく”悪”を演じるチェ・ウォニョンの表情や演技に注目です。

チャン・ヒョンソン/ハム・ボンス役

チャン・ヒョンソン/ハム・ボンス役

出典:公式サイト

大統領警護室長。

頭脳明晰で卓越したリーダーシップと強靭な精神力、透徹した愛国心を持ち、歴代の大統領を警護しています。

大統領を狙撃したとチェヨンに疑われますが…。

大統領が別荘から清州駅に向かう途中で何かが起こったことに気づきます。

警護室長のボンスは、大統領を守る側なのか、大統領を裏切る側なのか…。

気になりますね!

イ・デヨン/ハン・ギジュン役

イ・デヨン/ハン・ギジュン役

出典:公式サイト

経済首席。

テギョンの父で、ジェシングループ会長のドジンに暗殺されます。

過去の「ヤンジン里事件」と関わりがあります。

ユン・ジェムン/シン・ギュジン役

ユン・ジェムン/シン・ギュジン役

出典:公式サイト

大統領秘書室長。

現政権の崩壊は、自分自身の存在意識を失うことと考えており、大統領のドンフィとともに歩んできた盟友。

政権を守るためなら、クォン議長を殺害することもためらいません。

ドジンに利用され、ヤンジン里事件以上の悪だくみを企てている様子。

大統領(政権)のためとはいえ、自分の立場を一番に考えている人のような気がします。

アン・ギルガン/キム・サンヒ役

アン・ギルガン/キム・サンヒ役

出典:公式サイト

警護本部長。

テギョンを信頼しています。

テギョンと特検チームのスパイを探し出そうとします。

大統領一行は、昔事件のあったヤンジン里の慰霊塔へ向かいます。

その後、ドジンの部下たちに攻撃されてしまします。

キム・ジョンハク/ムン・ソンミン役

キム・ジョンハク/ムン・ソンミン役

出典:公式サイト

CP長。

ドジンがテロを起こそうとした時に、テギョンと偶然会いますが…。

大統領の味方なのか、裏切り者なのか。

コ・インボム/ヤン・デホ役

コ・インボム/ヤン・デホ役

出典:公式サイト

陸軍大佐。

「ヤンジン里事件」に関わっており、テギョンの父ギジュンともかかわりのある人物。

ギジュンの死んだあと、テギョンが訪ねてきたころにはすでにドジンの部下に襲われ、息は絶え絶えになりながらも「3月5日、大統領が死ぬ」と言い残し、息は絶えます。

全てはこの言葉から始まります。

キム・ヒョンギュ/ファルコン所属元傭兵

キム・ヒョンギュ/ファルコン所属

出典:公式サイト

元傭兵。

アメリカの巨大軍事企業「ファルコン」に所属しており、現在はジェシングループと手を組み、大統領の暗殺を手伝っています。

デイビット・ノ/ヨハン役

デイビット・ノ/ヨハン役

出典:公式サイト

ジェシングループの一員。

ジェシングループの秘密を探っているチャヨンを追い詰めます。

イ・ジェヨン/チェ・ジフン役

イ・ジェヨン/チェ・ジフン役

出典:公式サイト

特別検事。

「ヤンジン里事件」の真相を探っていて、首謀者は大統領のドンフィだと突然記者会見を開きます。

父が死んだ真相を探っているテギョンを目の敵にし、大統領との信頼関係を崩そうとします。

「ヤンジン里事件」の真相を聞くために大統領と会い、ジェシングループとファルコン社の癒着関係やテギョンが父のパソコンから見つけた「機密文書98」についての真相を確認しようとしますが…。

スポンサーリンク

3daysキャストと相関図まとめ

「3days」は製作費100億ウォンを投じ、大きなスケールで描いたドラマで、最高視聴率も14.5%と、演技派俳優が多数出演されていたことで話題となっています。

なんといってもJYJメンバーのユチョンが出演しており、お茶目な役が多いユチョンが体当たりでアクションをしているところが見どころとなっています。

撮影中に右肩を負傷したユチョンが、話数の途中から左腕でアクションをするようになっています!

ロマンスの要素は多くありませんが、別の意味でドキドキする場面の合間にあるテギョンとボウォンとのロマンスにほっこりできます。

“大統領の暗殺”という陰謀を元に真実を追い求め、誰が味方なのか敵なのか。

そんな、サスペンス感たっぷりで時折ホッとできるロマンスもある「3days」をぜひご覧ください。

⇒ユチョンの体当たりアクションを観る