油っこいロマンス

油っこいロマンスキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

油っこいロマンスキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

油っこいロマンスは主役級の豪華俳優陣が繰り広げる、ラブコメディです。

ホテルにある中国料理店の副料理長を務めるソ・プンは仲間に裏切られ、左遷させられてしまいます。

その裏には、プンの妻を奪ったヨン・スンリョンが手を引いていました。

ホテルの前にある中国料理店で、ホテルの客を奪うことで復讐しようと奮闘するソ・プンをアイドルとして人気が高い2PMのジュノが演じます。

一方、結婚を控え、幸せオーラでいっぱいのタン・セウでしたが、結婚式当日に父親が逮捕されてしまいます。

結婚するはずの新郎も現れず、不幸のどん底に突き落とされるも、プンやチルソンの二人に支えられ立ち直っていく、セウを数々のドラマで活躍中のチョン・リョウォンが演じます。

そして、美容院で結婚式の事前撮影のセットで来ていたセウと出会い、結婚を控えた新婦であることを知っていながらも、セウに一目惚れしてしまったドゥ・チルソンを、実力派人気俳優チャン・ヒョクが演じます。

チルソンがセウに惚れてしまったこの美容室で、同じく出会っていたプンが、恋のトライアングルに発展していく様子が見所です。

そして、中国料理店が舞台となっているこのドラマでは、プンが様々な料理を振る舞うのも見所の一つです。

空腹時に見るのはオススメしません。笑

食欲も恋もまんぷくになるラブコメディ、油っこいロマンスの相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

油っこいロマンスキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

ジャイアントホテルの中国料理店【画竜点睛】の副料理長として働いていたスターシェフ。

料理長への昇進を確信し、さらには美人でスタイルの良い女医のダリとの結婚を控え、順風満帆な生活をしていました。

ダリのために弁当を作ってはスタッフの分と一緒に病院へ届け、さらにはダリを迎えに行くときにコーヒーを差し入れるなど献身的な一面を見せます。

しかし、その好意は届かず、差し入れた弁当がゴミ箱に捨てられているのを見つけてしまいますが、見なかったフリをしてダリと結婚式の話をしたりと平然を装います。

結婚式を行いますが、ダリは結婚式をしてすぐにプンの元を去ってしまうのでした。

そして人事異動の公示がされ、仲間のスタッフたちと確認しますが、そこには信じられない現実が…!!

一緒に頑張っていたスタッフたちが昇進する中、自分の名前が無いことに気が付きます。

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

そして、2枚目の公示を見ると【ドラゴンパレス料理長】という見知らぬ場所への異動が記載されているのでした。

そこはジャイアントホテルの社長、スリョンの別荘で、社長が別荘に来た時だけ料理をするという名前だけの昇進で、いわば左遷でした。

おまけに、結婚早々自分の元を去ったダリの相手が社長のスリョンだと知ったプンは、ホテルの中国料理店を辞めホテルの客を奪って復讐しようと、ホテルの前にある中国料理店に雇って欲しいと交渉するのでした。

ホテル前の中国料理屋【腹ぺこフライパン】で働くことになったプンですが、チルソンの部下たちの料理の下手さに部下たちを解雇してしまいます。

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

料理に関しては自信があり、こだわりもあるプンはお客様に完璧でない料理を出すことが許せず厨房では人使いや言葉が荒くなります。

そんなプンに焦った従業員がとんでもないミスをしでかすこともありプンが激怒することもありました。

プンは新しい従業員を募集し、新しくソルジャやコッチョンなどの加入によって少しずつお店に人が来るようになります。

そんな中でプンは徐々に、既婚者のセウのことが気になり始めます。

ある日、プンはスンリョンのせいでフライパンを片手で持てないほどの大怪我をしてしまいます。

よりによってそんな時に大量のお客さんが…。

店にいたのがセウとチルソンだけだったため、セウがプンを手伝いますがセウの不注意でプンの服に火がついてしまい、その火をセウが抱きつく形で消すのでした。

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

火の消すのに、そう来るかと言うのが率直な感想でしたが、既婚者であるセウへの想いを抑えようとしていたプンにとって酷なアクシデントです。

改めてセウへの自分の気持ちに気がつくのでした。

しかし、プンがヒョンと慕うチルソンもセウのことが好きであることを知り一度はセウへの思いを諦めようとします。

でもダメですね、好きすぎちゃって抑え切れません。

ある時、100名の予約が入ったことで、大喜びするスタッフたちでしたが、コッチョンとセウが喜びのハグをしようとしたところを、プンがセウを抱き寄せるのでした。

ジュノ(2PM)/ソ・プン役

スタッフ全員の前で、ハグと言うより思い切り抱きしめる様子は、誰もが戸惑うものでした。

プンはダリと付き合っている時もそうでしたが、彼女に尽くすタイプの男性です。

そのため、セウへの気持ちを解放した途端に甘い展開へと変わっていきますよ。

しかし、画竜点睛との勝負やセウとの恋愛にも壁が立ちはだかっているプン。

果たして仕事と恋愛で勝利を勝ち取ることが出来るのでしょうか!?

チョン・リョウォン/タン・セウ役

チョン・リョウォン/タン・セウ役

元財閥令嬢。

財閥の娘で、何不自由なく育ったお嬢様です。

馬主でもあり、馬主と馬のための会での食事代3億ウォン(約3000万円)を結婚祝として、父親からプレゼントされるほどです。

幸せいっぱいのセウですが、結婚式当日に父親が逮捕されてしまい、新郎もその場に現れることはありませんでした。

一気に人生のどん底に突き落とされたセウは、フェンシングのマスクをつけ、そして愛馬をひきながら街を歩きます。

そして、同じく人生のどん底に落とされたプンと橋の上で再会します。

チョン・リョウォン/タン・セウ役

この時、プンにはセウであることに気づかれていませんでした。

そのためプンが腹ぺこフライパンで料理をする初めてのお客として、中国料理店に連れて行かれますが、セウはプンの料理を食べずに店を後にします。

セウは、店内で見つけた消費者金融の広告を見てお金を借りに行くのですが、そこにいたのはなんとチルソンなのでした。

驚くチルソンに、悪性リンパ腫の末期癌で早い治療が必要だからお金を貸して欲しいと切実に訴えますが、この病気実はセウではなくセウの愛馬のことなのでした。

お嬢様として育ったセウは家賃や生活費として月1500万ウォン(約150万円)必要で、非常識とわかっているけど、働き先を探します。

そして、働きたいなら今から腹ぺこフライパンに来いとチルソンから連絡を受け、お店に行き店内の様子を伺っていたところにチルソンが現れます。

チョン・リョウォン/タン・セウ役

もう一度雇って欲しいとセウは頼みますが、料理も出来ない人間を雇えないとプンに反対されます。

しかし、チルソンから社長になれと言われ、逆にセウは困惑します。

チルソンから結婚式前日に告白され、その後も巡り合わせで顔を合わせ、なんだかんだでチルソンに甘える部分もありつつも、私のことは諦めてと強く主張します。

一方で、プンとは言い合いになることが多く、プンからひどいことを言われることの多いセウですが、プンのことが気になり出します。

チルソンからは一途な思いを表現され、チルソンのことを思い遠慮しつつも自分の思いが溢れ出してしまうプンの二人から思いを寄せられる、セウは果たしてどちらの愛を受け入れるのでしょうか。

愛する恋人との結婚を控える中何かとプンとチルソンと出くわしていたのは何かの前触れだったのでしょうか。

チャン・ヒョク/ドゥ・チルソン役

チャン・ヒョク/ドゥ・チルソン役

元ヤクザでサラ金と中国料理店を経営しています。

自分を慕ってくれている子分たちに中国料理店【腹ぺこフライパン】を運営させていますが、料理が美味しくないことを承知の上で経営していました。

ある日、むかいのジャイアントホテルの中国料理店を辞めたプンが雇って欲しいと来たことで、腹ぺこフライパンがプンの料理によって生まれ変わるきっかけとなるのでした。

そんなチルソンは、結婚式を控えたセウに一目惚れをしてしまいます。

それから事あるごとにセウが現れチルソンの心はかき乱されるのでした。

自分の気持ちをストレートにしか表現出来ずセウの結婚式前日にストレートに告白するチルソン。

結婚して人妻であるセウが自分の前にもう一度現れたことで、想いはさらに強くなります。

しかし、セウから片思いは辞めて、もう私のことを諦めてと言われ約束してしまいます。

チャン・ヒョク/ドゥ・チルソン役

顔を合わせることが多い状況で、好きな相手から諦めてと言われるのは辛いですよね。

自分にはそう言うことを言うのに、プンに開店祝いのお花を渡したり、笑顔で話かけてるセウを見て、あからさまに落ち込むのでした。

料理においてはプンを応援していますが、自分の好きな女性と楽しそうにしているのを複雑な気持ちで見つめる姿が切なく印象的です。

果たして、チルソンの恋はどのような結末を迎えるのでしょうか。

キム・サグォン/ヨン・スンリョン役

ジャイアントホテル社長。

入院中にダリと出会い、結婚式を控えていることを知っていながらダリをプンから奪います。

そして存在が邪魔なプンを左遷する為、プンの同僚に昇進をちらつかせ、プンの左遷に相応しい理由を作り上げるのでした。

ジムで鍛えてばかりいて仕事をしないことは有名で、従業員からの評判は良いものではありません。

そんなスンリョンはセウの父親の逮捕にも関わっている事実が発覚するのでした。

チャ・ジュヨン/ソク・ダリ役

※右の女性です。

整形外科医。

結婚式を1週間後に控えているところに、スンリョンからアプローチされます。

しかし、スンリョンとの関係を続けたままプンと結婚し、新婚なのにスンリョンと不倫関係となります。

そんな関係も続くわけがなく、プンと離婚するのでした。

スンリョンに連れられ、腹ぺこフライパンに行った時や、プンが大怪我をした時も、プンを気にする表情をしますが、それはプンに対しての未練だったのでしょうか。

イム・ウォニ/ワン・チュンス役

イム・ウォニ/ワン・チュンス役

引用元:公式サイト

ジャイアントホテル中国料理店料理長。

プンが働いていた画竜点睛の料理長で、料理において妥協を許さない人間です。

常にポーカーフェイスで感情があまり見えないのですが、プンの料理の腕前を脅威に感じていました。

昔ソルジャと恋仲だった時期があったワン料理長は腹ぺこフライパンで働くソルジャを引き抜こうとソルジャに近づきます。

ソルジャの引き抜きは失敗しますが、さらに自分の店に来ていた客が腹ぺこフライパンにいるのを見かけ、驚くとともに焦り始めます。

プンを追い出すも、ホテルの前で同じ中国料理店で料理を振舞われることになってしまったワン料理長は、プンに負けることなく画竜点睛を守ることが出来るのでしょうか。

チョ・ジュユン/オ・メンダル役

※1番右端の男性です。

中国料理店腹ぺこフライパン従業員。

チルソンに忠誠を誓った子分の一人で、チルソンからの信頼も厚いです。

頼もしくもありおちゃめな一面も持っています。

プンが雇われてから、料理の腕がひどいからとプンによって解雇されてしまいます。

なんとかお店のスタッフとして戻りますが、新しいスタッフとして入ってきたソルジャに惚れてしまうのでした。

そのせいもあってか、チルソンがセウに思いを寄せたり、拗ねているところを見て悲しげな表情を見せるなど、とても親分思いなところが見所です。

キム・ヒョンジュン/クァン・ドンシク役

※後列右から2番目の男性です。

中国料理店腹ぺこフライパン従業員。

プンがお店で働くようになった時、メンダルをはじめ他の仲間は解雇されますが、ドンシクだけはお店に残って働くことになります。

スンリョンとダリが冷やかしでお店に来た際、麺打ちをしている時に肩を脱臼してしまい大騒ぎになることもありました。

しかし、一生懸命やっていたからか、プンからお店を辞めるように言われなかった唯一のチルソンの部下です。

しかし、一人残りソルジャとコッチョンに家族のように接しないと良いものが作れないと言われ、反抗してコッチョンに喧嘩を仕掛けますが、返り討ちに合ってしまうのでした。

仲間がいないとダメみたいです。

イ・ミスク/チン・ジョンヘ役

中国料理店腹ぺこフライパン従業員でセウの母親

夫が逮捕されたことで、セウと共に路頭に迷います。

ですが生活の質は落せない、THE財閥の妻というタイプです。

元家政婦だったソルジャからの連絡によって、腹ぺこフライパンのスタッフ募集に応募し働くことになりますが、セウの母親であることを隠していました。

厨房では妥協を許さないプンに、きつい態度を取られるため、プンに対して嫌悪感を抱いています。

自分が無力だから仕方ないですが、お金に困っているのに生活の質を落せないプライドの高い人間なので、困ったものです。

セウの結婚相手は上流階級の息子でなければと言う思いが強いため、セウとプンの関係に大きく立ちはだかることとなります。

パク・チヨン/チェ・ソルジャ役

中国料理店腹ぺこフライパン従業員。

タン家の元家政婦をしていましたが、腹ぺこフライパンの従業員募集の張り紙を見て応募します。

見事な包丁さばきと料理の腕前で採用されることになり、セウの母親やコッチョンを誘います。

働いている時は、チャイナドレスを来ていて、妙に色っぽいのが特徴で、メンダルを虜にしてしまいます。

画竜点睛のワン料理長と過去に恋仲だったことがあり、引き抜きもされますが断ります。

テ・ハンホ/イム・コッチョン役

中国料理店腹ぺこフライパン従業員。

タン家の元運転手で、足が悪くひきづって歩きます。

ソルジャからの連絡により、腹ぺこフライパンでタン家との関係性を隠して働きます。

一見、低姿勢で優しそうに見えますが、喧嘩っ早いところがあり頼もしい一面があります。

イ・ミスク/謎の老婆役

腹ぺこフライパンの周辺で、ガムを高額で売っている謎の老婆です。

お店に来ては何かとプンやチルソンと絡み、意見を言ったりしています。

しかしある時、財布を失くしてしまいますが、それをチルソンが見つけたことでチルソンに自分が母親であることがバレてしまいました。

バレないようにしていたのに、バレてごめんなさいと謝るのでした。

スポンサーリンク

油っこいロマンスキャスト相関図まとめ

油っこいロマンスは、韓国の原題は油っぽいメロでした。

そう言ったタイトルなだけあって、メインキャストの三角関係、新婚なのに愛人がいたり、脇を固めるキャラクターの中でも恋愛が絡んでいたりと、ラブコメ要素が強いドラマです。

そして、どのカップルにもキスシーンがほぼ登場するなど、キスシーンが非常に多いです。

その一方で、プンが復讐のためにホテルの前の中国料理店で奮闘し、画竜点睛に挑む様子などもしっかりと描かれているため、見所満載のドラマとなっています。

プンの恋敵となるチルソンはドラマのはじめからセウに思いを寄せているのに、何度も断られ、さらには自分が可愛がっているプンと結ばれたことにショックを受けつつも、セウのことを守ろうとする真っ直ぐなところが切なくもあり、印象的でした。

そしてプンも、ヒョンと慕うチルソンがセウのことを好きだと気がつき、諦めようとしたりと、プンとチルソンの関係も良い印象を受けました。

そんな、見所満載の油っこいロマンスをぜひご覧ください。

⇒ツンデレシェフのジュノを観る♡