ALS男性に暴言を吐いた吉川市職員は誰?名前や顔画像は?暴言への言い訳で炎上!

Pocket

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の男性が訪問調査に訪れた市職員から心無い暴言を浴びせられる事件が起きました。

自分の意志で体を動かすことが徐々にできなくなるALS。

声が出辛くなった男性が文字盤で説明しようとしたところ『時間稼ぎですか?』『できないように見せているのでは?』との発言があったとのこと。

ケアとヘルプを必要としていた男性に職員が放った言葉は許せないものです。

暴言職員の名前や顔画像、とんでもない言い訳など調べてみました。

ALS患者に暴言を吐いた市役所職員

男性に暴言を発するまでの流れは以下です。

吉川市の障がい福祉課の職員3人が介護の必要度がどれほどなのか確認するため、訪問調査をした時に発せられた。

一人の職員が「今、寝返りはご自身でできますか?」という問いに対して、高田さんが文字盤を使って「できない」と答えた直後に、こう発言した。

「時間稼ぎですか?」「できないように見せているのでは?」

立ち会っていた弁護士がすぐさま抗議したが、3人は特に謝罪や反省する言葉もなく、そのまま調査を進めたという。

文章引用:Yahoo!ニュース

考えられないことに暴言を吐いたのは障がい福祉課の職員。

それにその場に3人もいて誰一人謝罪もしないなんて…。

そもそも、そんな言葉が出てくること自体衝撃です。

暴言市役所職員の名前や顔画像は?

障がい福祉課長は加藤利明さんという人なのですが、発言者はこの人ではなく、この人の部下3人です。

市長が謝罪したことで慌てて幕引きを図っている感じがしますね。

こういうことがあると必死に隠すので役所職員の名前や顔画像は分かりませんでした💦

ALS男性への暴言動画

ニュースで報道された際、やり取りの録音データが放送されたのですが職員の実際の肉声が放送されています。

(1:13辺り)

『これ…時間稼ぎですか?今のもできないように…しているというか』とハッキリ録音されていますね!!!!

弁護士さんもおっしゃっていますが本当になぜそういう解釈になるのか意味不明ですよね。

ALS男性への暴言での言い訳

この暴言に対しての言い訳もまた意味不明。

訪問時間が限られている中で、奥様やヘルパーの方も一緒に聞き取り調査をさせてほしいとお願いしたところ、『本人のことは本人に聞くのが筋でしょう。家族はあとで時間を取ります』と弁護士に言われたので、効率的な調査という観点から弁護士に対する抗議の意味であの言葉を言ったようだ」

「そういう配慮が必要なことも承知しておりますが、介護する人の家庭環境も調査の一つであり、ALSという重度の患者の調査に長い時間をかけるのはどうかという理解だった」

誤解を与えたことについては謝罪が必要なので、速やかに真摯に謝罪文を作って送らせていただきたい。市長名での謝罪になると思う」

文章引用:Yahoo!ニュース

要約すると

  • 効率的な調査⇒自分達の就業時間が長くなる
  • 調査に長い時間をかけるのは⇒パパっと説明できる人を同席させてよ
  • 誤解を与えたことについて⇒弁護士さんにいっただけ!男性にじゃないよ!
  • 市長名での謝罪⇒市長に丸投げします!!

ということですよね。

困っている本人、当事者に聞き取りをすることは当然です。

ハッキリ時間稼ぎですか?と聞いてるのになんの誤解があるんでしょうか。

発言者、同行者、この課長は市長の謝罪より先に謝罪するのが普通ではないのでしょうか?

本当に課長が課長なら部下も部下ですね!

ネット上の声

ネット上には職員に対しての怒りの声で溢れています。

言い訳も意味不明ですし当然ですね。

一方ではこの男性が困っているように見えたから「弁護士が代わりに話してよ」という意味で言ったのなら分からなくはないという意見もありました。

でも、そこで『時間稼ぎ』という言葉のチョイスが出ること自体が人間性の問題ですよね。

まとめ

今回の暴言はとても胸が痛みましたし、発言者のモラルと人間性の低さに本当にイライラしてしまいました。

好きで難病にかかる人がいると思っているのでしょうか?

どれだけの葛藤があってそれを受け入れようとご本人、ご家族が苦しんだのか想像できないのでしょうね。

本当に切なくなる事件です。

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。