バリでの出来事

バリでの出来事全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

バリでの出来事全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

バリでの出来事は、2004年に放送されたドラマで、平均視聴率32%最高視聴率39.9%を記録した大ヒットドラマです。

また、“茶母(タモ):チェオクの剣”“ごめん愛してる”と並んで、三大廃人ドラマとして知られている作品です。

バリで現地ガイドをしている主人公のイ・スジョンは、ある時Pグループの御曹司ジェミンと婚約者のヨンジュ、ヨンジュの元恋人のイヌクのガイドをすることになり、4人は出会います。

ある出来事をきっかけに帰国する事になったスジョンは、ソウルでジェミンやイヌクと再会し、ジェミンの婚約者でもあるヨンジュとの愛憎うずめく四角関係へと巻き込まれていくのでした。

主人公のイ・スジョンには、“チェオクの剣”に出演し、このドラマに出演後も“ファン・ジニ”や“シークレットガーデン”など数々の話題・人気作品に出演しているハ・ジウォンが演じています。

婚約者がいながらも、スジョンに惹かれていく御曹司のチョン・ジェミンには、“学校Ⅱ,Ⅲ”や“ニュー・ノンストップ”のチョ・インソンが演じます。

また、ジェミンのライバルとなり、スジョン同様貧しいながらも住む世界が異なる場所で四角関係に巻き込まれ、翻弄されていくカン・イヌクを、今作までに多くの作品に出演し同年に放送された“ごめん愛している”にも出演している、ソ・ジソブが演じています。

これまでの韓国ドラマに無い世界観で中毒ファンを生み出した愛憎劇、バリでの出来事の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

バリでの出来事全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイトから作成

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

バリの現地ガイド。

両親を幼い頃に亡くし、貧しさに耐えながらもバリに行き、現地ガイドとして働いていました。

ある時、Pグループの御曹司からの依頼により、バリのガイドをする事になったスジョンは、お金持ちとの出会いに期待を膨らませますが、あまり良い出会いではありませんでした。

その後、ガイド会社の社長チョ・サンベの悪行により、帰国せざるをえなかったスジョンは帰国後友人のミヒの家に居候しますが、兄の借金のためにホステスとして働かなくてはいけなくなったスジョンは、ジェミンに借金を依頼します。

最初こそ断られますが、働いて返済する事を条件にお金を借りる事になり、Pグループの受付で働く事になりますが、同僚からよく思われず嫌がらせを受けます。

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

1日で覚えられない内容の事を覚えろと言われたスジョンは、居眠りをしてしまいます。

目が覚めると、真っ暗になっていて急いで帰ろうとした時にジェミンと出くわし、夕食を共にします。

ジェミンとの距離を縮めていく一方で、隣人のイヌクとはさらに距離を縮めていました。

ある時、ジェミンとお酒を飲みに行きますがジェミンが酔い潰れてしまったため、イヌクに頼みジェミンを自宅まで送りに行きます。

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

ここで、一緒に帰ろうというイヌクと、行かないでそばにいて欲しいというジェミンに挟まれます。

しかし、スジョンはイヌクを選びます。

スジョンは、Pグループを解雇されますが、ジェミンの母ヒスクが館長を務め、ヨンジュも働いているギャラリーで働いていました。

ジェミンから辞めるように言われますが、意地でも辞めません。

それを見かねたジェミンから、2人しか知らないこの部屋で暮らすように部屋を用意されます。

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

葛藤しながらも、ミヒがいるいつも暮らしていた家に帰ります。

しかし、今までの事を思い巡らしながら、スジョンはジェミンの待つ部屋に向かうのでした。

スジョンはジェミンが用意した部屋で新生活を始めますが、思うようにいかず、ジェミンと2人でいても息詰まってしまいます。

ジェミンとヨンジュが結婚がした事で、スジョンは再びミヒの家に戻るのでした。

しばらくして、スジョンはイヌクからプロポーズされますが冷たく断ってしまいます。

ハ・ジウォン/イ・スジョン役

しかし、断りつつもスジョンはイヌクの事を想って悩むのでした。

スジョンは、ジェミンとイヌクの間でおおいに揺れ動きます。

ジェミンはお金のため、貧乏を脱出するためには良い相手だと考えて接してきましたが、それ以外の情も生まれ、しかし貧乏さ故のプライドを守り続けたいスジョンです。

イヌクは、いつもそばで優しくも厳しくも接してくれる居心地の良さがあり、恋をしているとすれば、イヌクに対しては恋してるように感じられます。

果たしてスジョンは、ジェミンとイヌクのどちらを選ぶのでしょうか!?

チョ・インソン/チョン・ジェミン役

チョ・インソン/チョン・ジェミン役

Pグループ御曹司。

財閥の御曹司であるが故、政略結婚ヨンジュと婚約しています。

愛の無い結婚でも、形だけでも上手くやっていこうと思っていましたが、ヨンジュから完全に拒否されプライドが傷つきます。

ヨンジュがジャカルタからバリへ行く事を聞いたジェミンは、バリへ向かいそこでヨンジュと一緒にいるイヌクと出会い、さらには自分たちのガイドであるスジョンと出会うのでした。

帰国後、スジョンの近くにヨンジュの元恋人であるイヌクがいた事もあってか、スジョンを自分のものにしようと必死になりますが、ヨンジュとの政略結婚が着実に進んでしまうのでした。

傷つきやすく、親の言いなりで、反抗もできなかったジェミンが、スジョンを手に入れるために全力の努力をしていきますが、果たしてジェミンの努力は報われるのでしょうか。

ソ・ジソブ/カン・イヌク役

ソ・ジソブ/カン・イヌク役

Pグループ社員。

恋人だったヨンジュが政略結婚を選んだ事で、ジャカルタ支社に転勤を希望しました。

ジャカルタにヨンジュが訪れ、一緒にバリに向かった事で、イヌクと鉢合わせ、スジョンと出会います。

ソウルに帰国後、偶然にもスジョンが居候するミヒの部屋の隣に住んでいた事で、スジョンと交流するようになります。

ジェミンがチラつくこともあってか、イヌクもまたスジョンに積極的にアプローチをかけます。

一方で、イヌクにはPグループに関して着実にある事を計画していました。

その計画が、スジョンとジェミンの未来を左右させる事にもなり、衝撃の結末を迎える事になるのでした。

パク・イェジン/チェ・ヨンジュ役

パク・イェジン/チェ・ヨンジュ役

ジェミンの婚約者。

イヌクと交際していましたが、ジェミンとの政略結婚を選びます。

しかし、イヌクを愛しており、イヌクには愛人として交際を続けて欲しいと願い、お金と愛の両方を得ようとします。

イヌクには拒否され、婚約者であるジェミンもまたスジョンに夢中になっているのを知り、プライドはズタズタです。

お嬢様で、欲しいものはなんでも手に入っていたはずなのに、どうしてこんな思いをしなくてはならないのかと、その後ジェミンを手に入れるために必死になるのでした。

シニ/パン・ミヒ役

シニ/パン・ミヒ役

引用元:公式サイト

スジョンの友人。

スジョンを家に居候させ、スジョンのゴタゴタに巻き込まれることもしばしばありますが、スジョンを心配してもいます。

イヌクが隣に引っ越してきた時、ときめきますが、スジョンに想いを寄せてると知って面白くありません。

しかし、ミヒにとってイヌクは見ているだけで幸せな存在なのでした。

スジョンが帰国して、居候し始めた時は、早くバリに戻って欲しいと思っていましたが、スジョンが家を出る時は引き止めるなど、なんだかんだスジョンとの友情は強いものがあります。

キム・スミ/ソン・ヒスク役

キム・スミ/ソン・ヒスク役

引用元:公式サイト

ジェミンとイルミンの母。

ジェミンとイルミンの母であり、ギャラリーの館長をしています。

色々問題を起こすジェミンではありますが、可愛い息子のため目を瞑ることもありますが、他人には厳しいです。

自身の夫の女性関係で苦労しているのに、長男は離婚、次男はスジョンに夢中になってしまい、苦労しています。

キム・イル/チョン・イルミン役

キム・イル/チョン・イルミン役

引用元:公式サイト

ジェミンの兄。

Pグループの専務で、父親に良い顔をしながら、トップの座を虎視淡々と狙う腹黒いタイプです。

ジェミンがイヌクの事を調べたという情報を知って、色々詮索します。

そして、イヌクをソウルによび戻しています。

多額のお金を流用しており、そのためのペーパーカンパニーを作りイヌクを代表にさせて、イヌクを陥れようとしていましたが、イヌクに返り討ちにあってしまうのでした。

飼い犬に手を噛まれるとは、この事です。

イ・ミヨン/イヌク役の母役

イ・ミヨン/イヌク役の母役

引用元:公式サイト

イヌクの母。

食堂を営んでいます。

イヌクに対して、あなたを産まなければとっくに再婚してたのにと酒を飲んで八つ当たりすることもしばしばあります。

しかし、イヌクの事を心配して、おかずを作ってはイヌクの元に届けます。

自分の息子がスジョンに気持ちがある事に気付きますが、スジョンが高級車に乗る男(ジェミン)と一緒にいるとことを目撃しており、金持ちの男についていくような女は止めなさいと諭すのでした。

キム・ヒョンボム/イ・ジャンス役

キム・ヒョンボム/イ・ジャンス役

引用元:公式サイト

スジョンの兄。

スジョンの兄ですが、ミヒに対してもスジョンに対してもお金をせびりにくる最低な兄です。

さらには、せびるどころか自分の借金を返すためにスジョンをホステスにさせるのでした。

しかし、スジョンが被害にあったチョ・サンベを見つけると、妹のために捕まえようとするなど、矛盾だらけの行動です。

結局、イヌクに職を頼るなど人に頼りっぱなしの人物です。

キム・スンウク/ジェミンの秘書役

キム・スンウク/ジェミンの秘書役

引用元:公式サイト

ジェミンの秘書。

ジェミンの秘書でもありますが、基本的にチョン家の人たちの世話役をしています。

ジェミンのサポートをしていますが、会長やジェミンの母親、兄などに情報を流すなど、長年関わってきたからこそ、上手く橋を渡るタイプです。

スジョンのために翻弄するジェミンに、昼夜関係なく振り回されているためスジョンに対してよく思っておらず、ジェミンに対しても呆れています。

キム・ヘオク/パク女史役

キム・ヘオク/パク女史役

引用元:公式サイト

ヨンジュの母。

ゴルフのレッスンにせいを出し、コーチとべったりレッスンしてウットリしているシーンが印象的ですが、たびたびヒスクが現れ、言動にはお互い注意しましょうねとチクリと言われたりしています。

スジョンとジェミンの関係を知った時、ヒスクも唖然とするほどヒステリックになり、スジョンを暴行しているのも印象的でした。

自分の娘のことはさておき、相手の女性に攻撃するタイプです。

スポンサーリンク

バリでの出来事全キャストと相関図まとめ

バリでの出来事全キャストと相関図まとめ

バリでの出来事は、2人の男性の間で揺れ動くラブストーリーであると同時に、愛が憎しみへと変化していく愛憎劇でもあります。

最初のバリではジェミンとイヌクがヨンジュを巡っていたのが、ソウルに戻りスジョンを巡って繰り広げられるのがなんとも言い難い心境になります。

スジョンが、ジェミンとイヌクの間で揺れ動き、どちらを選ぶのかというところも最後の方までわかりませんし、果たしてスジョンの本当の心はどこにあったかなど、ドラマが終わった後もファンの中で話題となるほどだったので、視聴する人それぞれが想像しながら見れるドラマでもあります。

しかし、なんと言ってもこのドラマは最後が印象的であり、衝撃的です。

このドラマは好きなので何度も観ていますが、1度目は衝撃しか残らないように思います。

実は2年ほど前から、韓国でこの作品を今に合わせてリメイクが決定したという情報がありました。

調べても、新しい情報が見つからないので実現してないようですが、別のキャストさんでまた少し変わったバリでの出来事を観てみたいものです。

このドラマ以降、ハ・ジウォン、チョ・インソン、ソ・ジソブは、多くの話題作、主演を演じるようになり、見返してみるとかなり豪華メンバーであると思います。

そんな、見終わった人を廃人にしてしまう事でも話題となったドラマ、バリでの出来事をぜひご覧ください。