帝王切開2人目何年あける?計算方法は?間隔をあける深すぎる理由

1人目を帝王切開で出産後2人目は何年空けたらいいか悩んでいるママはいませんか?

どのくらい空けて次の妊娠をすればいいか簡単に分かる計算方法はないかな?と考えているママはいませんか?

筆者自身2014年と2017年に帝王切開で出産しました。

その時主治医の先生に納得できるまで質問をして2人目は何年あけたらいいか何か計算方法はないか沢山沢山聞きました。

そもそもなぜ期間をあけるように言われるのでしょうか?

その深すぎる理由と医師に聞いておくべき重要ポイントをお伝えします♪

スポンサーリンク

帝王切開の2人目は何年あける?計算方法

帝王切開では次の出産まで「最低1年は空けること」とされています。

ですが、これは帝王切開に限った話では無く出産後は1年空けた方が良いとのこと。

ポイントなのは「次の出産まで1年」ではなく「次の妊娠まで1年」だということ。

産後、今後の家族計画を看護師さんや助産師さんから説明される際「1年は空けて下さい」と言われたと思います。

これは「(次の妊娠まで)1年は空けてくださいという意味です。

簡単に次の妊娠の目安とできるのは出産した子が1歳の誕生日を迎えたらと考えること。

第一子が1歳を迎えることを目安にすれば確実に1年は空きますね。

1年間子育てをしてきたことで家ごとのリズム次の子が生まれた時のシミュレーションを考えやすいという利点もあります。

ですが自分の年齢や状況を考えると年子でパパっと生んでしまいたいですよね…!!

すっごくよく分かります…。

なぜ1年空けなければダメだと言われるのでしょうか?

スポンサーリンク

帝王切開最低でも1年あける深すぎる理由

最低1年あけるようにと言われる理由は次の2つの理由からです。

●1年以内だと子宮破裂の可能性が高まる

●1年以内だと癒着胎盤の可能性が高まる

子宮破裂の可能性が高まる

帝王切開は出産であると同時に手術でもあります。

子宮にメスを入れていますので子宮にも当然ができます。

子宮は風船と同じようだと言われました。

1度膨らませた風船をもう1度膨らませる時は1度目より簡単な力で膨らみます。

これが妊娠した子宮でも同じように起こります。

しかし切ってある傷跡はそうはいきません。

周りのゴム部分のようには伸びないのです。

1度膨らませた風船を1部分ホチキスで留めて再度膨らませると良く分かります。

ホチキスの針が突っ張ってホチキス周辺の風船は薄く伸ばされます。

伸びない傷が両サイドからぎゅうぎゅう引っ張られると薄くなった部分が裂けます

これが子宮破裂です。

切った内臓の傷がしっかりくっつくまで、やはり1年くらいはかかりますのでリスクを避けるために1年は空けるようにと指導してるんですね。

産後半年以内の妊娠では子宮破裂のリスクは3倍も高まるそうですのできちんと知っておきたい情報ですね。

癒着胎盤の可能性が高まる

これは胎盤が付くべき場所以外のところにも付いてしまっている(めり込んでいる)状態だそうです。

例えば前回の帝王切開時に傷がついていて、その傷付いた筋肉の層にまで胎盤の組織が入り込んでしまっているという状態です。

これは産後簡単には外れず大出血を起こして子宮全摘出になることもありますし、それ以上の最悪の場合も…。

癒着胎盤は10000件のお産に対して1件くらいと言われていますが、帝王切開後1年以内の妊娠では確率があがります。

傷も完全に治癒していないからです。

早く次の子を…!気持ちはすごく分かります。

でもママや赤ちゃんの命があってこそ

子宮破裂で赤ちゃんの命が危険にさらされたり、癒着胎盤でママの命が危険にさらされる事態は絶対に避けたいですよね。

スポンサーリンク

帝王切開、医師に聞くべき重要ポイント

筆者は最初に通っていたクリニックの医師からアドバイスを受け、赤ちゃんが取り出されてお腹を閉じている時、次回の妊娠に不安はないか聞いてみました。

子宮の壁は薄くなっていないか内臓の変なところに癒着しているないかについてです。

開いているときが1番医師も確認しやすいとお聞きしたからです。

もちろんお聞きする時は赤ちゃんを取り出し終わって皆が落ち着いてから聞いてくださいね!

バースプランに後で教えて欲しい旨を書いておいてもいいですね!

スポンサーリンク

まとめ

帝王切開2人目何年あける?なぜあける?あける期間の計算方法はある?まとめ

  • 2人目妊娠は1人目が1歳になってからを目安に
  • 最低1年はあけること
  • 子宮破裂・癒着胎盤のリスクを避けるための1年
  • お腹を閉じる時次回の妊娠が安全にできるか聞いてみる!

 

怖いことばかり書いてしまってごめんなさい。

不安にさせてしまったでしょうか?

リスクを知っておくことは大切だと思いますが、絶対に1年以内に妊娠してはダメ!!!ということではありません。

赤ちゃんを授かることはとても幸せな事ですし、主治医の先生とよく話し合ってみてくださいね!

可愛らしい赤ちゃんが無事に生まれますように…♡

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。