僕らのイケメン青果店

僕らのイケメン青果店キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

僕らのイケメン青果店キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

ソウルの食料品店を大型食品流通会社にまで成長させて青年実業家の実話が元になっているドラマとなっています。

イケメンで青果店でトラック行商“新鮮マン”のリーダーのハン・テヤン役を、チ・チャンウク。

市場で初の女性競り人のチン・ジンシム役(後のモク・カオン役)を、ワン・ジヘ。

ある事故がきっかけで、ジンシムは”カオン”として、生きることになります。

一方、幼いころジンシムが好きなテヤンは、ジンシムと離れたくない一心で、あることをやってしまい、ジンシムの運命を大きく変えることに…。

そして、11年後。

テヤンは市場で働き、”カオン”となったジンシムはモクヨン・グループの令嬢となっていますが、市場で働いています。

ひょんなことがきっかけで、再会を果たしますが、お互い気づくことができない様子。

この二人の人生はどうなっていくのでしょうか。

そんな、若者たちのサクセスストーリー僕らのイケメン青果店の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

僕らのイケメン青果店キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

出典:公式サイト

チ・チャンウク/ハン・テヤン役

チ・チャンウク/ハン・テヤン役

青果店「新鮮マン」のリーダー。

両親がおらず、祖母と妹と3人で暮らしています。

祖母から愛情いっぱいに育てられ素直ないい子に育ち、青果店を開く夢があります。

大好きなジンシムにキスをされ舞い上がったテヤンは「僕だからキスしたんだよね?」とデレデレ

そんな大好きなジンシムがカオンと一緒に住むために引越しをするかもしれないと二人の交換日記をこっそり読んで、その待ち合わせ場所を書いてあるページを破ってしまします

これがきっかけでジンシムの運命を変えてしまいます。

そして、11年の月日が経ちます。

幼いころからの夢である、青果卸売市場「可楽市場」で働き始めますが、意気込みとは裏腹に、きつい仕事に身体がついていかない様子。

いびられながらも仕事をこなしますが、とうとう追い出されそうになります。

そこで、クビをかけて野菜運び競争でチャンスを得ようとします。

その競争でカオンと知り合います。

ある大雪の日、困っているおじいさんを助けるため倉庫を探し、カオンが管理する青果卸業界の大物チョン会長の倉庫へ案内します。

しかし、運悪く停電になり、倉庫に入っていたチョンの野菜を傷つけてしまいます。

怒ったチョン会長が管理を任されていたカオンへ解雇を言い渡したために、カオンを庇い弁償を申し出ますが、「弁償できる額ではない!」とあっさり言われ、市場への出入りを禁止されます。

チ・チャンウク/ハン・テヤン役

そして、チョン会長に「カオンは残り、テヤンはクビ」と宣告。

「カオンが庇ってくれる」という淡い期待もむなしく、「チョン会長の意見に満足です」と言われてしまいます…。

やけ酒を飲んでいると、ユボン、チャンソル、ホジェと偶然出会います。

そこで、将来に行き詰っていた3人とトラック行商”新鮮マン”を始めることにします。

トラックでの移動販売の特性を活かし、いろいろな場所で販売しますが、どこに行っても駐車禁止…。

思ったように売れず、おまけにやくざにボコボコにされてしまいますが、謎の男ギヨンにより助けられます。

そんな3人は怖気づいてしまい、独りぼっちで市場にいたところに、カオンがやってきて傷の手当てをしてくれます。

ある日、カオンがとベジタリアンパーティーへ出かけます。

そして「カオンはモクヨン・グループの一人娘」との会話を聞き、驚きます。

そこで、パーティーの帰り道に名前を尋ねてみると「モク・カオン」と名乗られて…。

幼いころのジンシムに出会ったテヤンはどんな行動にでるのでしょうか。

ワン・ジヘ/チン・ジンシム役、モク・カオン役

ワン・ジヘ/チン・ジンシム役、モク・カオン役

可楽市場初の女性競り人。

教会の孤児院で育ちます。

本名はチン・ジンシムですが、あることをきっかけにモク・カオンとしての人生を歩んでいます。

中学校が一緒のカオンと親友で、きれいなお母さん(カンソン)がいることを羨ましく思っています。

カオンから、引越しをすると聞かされ残念に思っていると「ジンシムも一緒に住めないか聞いてみる」と聞かされ嬉しくなります。

ですが、カオンからの待ち合わせ場所が書かれている交換日記をテヤンに破られたことを知らずにいます。

待ち合わせ場所でカオンはチンピラに追われ、足を踏み外し、転落死してしまいます。

カオンが死に半狂乱の母親カンソンから「カオンの代わりに娘になってくれない?」と提案されます。

悩んだ末に提案を受け入れ、「モク・カオン」として生きることを決意し、モクヨン・グループの令嬢として育つことになります。

そして、カンソンから他言しないように約束をさせられます。

11年の歳月が経ち

可楽市場で働いています。

ワン・ジヘ/チン・ジンシム役、モク・カオン役

負けん気が強く、市場の先輩からのいびりにも耐えています。

そこで、ひょんなことからテヤンに出会います。

意見が食い違い、衝突することの多い二人ですが、まだこの時はお互い名前も知らす、まさか幼いころに仲の良かったテヤンとも気づいていません。

一方、母カンソンと一緒にセレブが集まるショーへと出向きます。

ワン・ジヘ/チン・ジンシム役、モク・カオン役

母のカンソンからは“令嬢らしく”していてほしいと思っていて、市場で働くことを嫌がっています。

ある日、テヤンがヤクザにボコボコにされ、傷の手当てをしている所を母カンソンに見られ「卑しい男と付き合うな」とクギをさされますが、本当の娘のカオンと入れ替わっていることを心苦しと思いながら日々を送っています。

そんな時、テヤンから改めて名前を聞かれ”カオン”と答えますが…。

幼いころ一緒にいたテヤンとまさかの再会となり、これからどんな風に関係が進むのでしょうか?

ジヒョク(超新星)/ユン・ホジェ役

ジヒョク(超新星)/ユン・ホジェ役

出典:公式サイト

「新鮮マン」の頭脳担当。

頭はめちゃくちゃよく、TOEICは940点を取るほどで、大学ではコンピュータ工学科を専攻して情報処理などの資格を持っているのに、就職できず…。

ある日、やけ酒をしているテヤンと出会い、愚痴をこぼし、テヤンからトラック行商”新鮮マン”で一緒に働くことを提案されます。

テヤンの無茶苦茶な販売方法を修正しようと奮起します。

シン・ウォンホ(CROSS GENE)/イ・チャンソル役

シン・ウォンホ(CROSS GENE)/イ・チャンソル役

出典:公式サイト

「新鮮マン」可愛い末っ子。

アイドル候補生として9年間もの間、ダンスや歌を練習しますが、スキャンダルが発覚してクビになります。

テヤンからトラック行商”新鮮マン”に誘われ、一緒に働き始めます。

移動販売の時にヤクザにボコボコにされた経験も…。

イ・グァンス/ナム・ユボン役

イ・グァンス/ナム・ユボン役

出典:公式サイト

「新鮮マン」の優しい年長者。

農家の家に生まれ育ち、幼い時から農業に携わっています。

テヤンからトラック行商”新鮮マン”に誘われ、自分の知識を惜しみなく“新鮮マン”に捧げます。

テヤンと一緒にいることで、時折トラブルにの巻き込まれますが、他のメンバーとともに切り抜けていきます。

“新鮮マン”では年長者ですが、恥ずかしがり屋のため婚期を逃している様子。

ソンハ/チョン・ギヨン役

ソンハ/チョン・ギヨン役

出典:公式サイト

「新鮮マン」の用心棒。

言葉少なく、ミステリアスですが、どうもケンカには強い様子。

住む場所もなかったため、テヤンからトラック行商”新鮮マン”を一緒にやろうと誘われ、一員になります。

ある日チンピラに絡まれたメンバーを、拳一撃でみんなを救います。

キム・ヨングァン/イ・スル役

キム・ヨングァン/イ・スル役

スル・グループの御曹司。

母親のスジャが経営するスポーツクラブの若社長で、現在はスマートでイケメンですが、かつては100キロオーバーのデブ。

ベジタリアンになり、ダイエットをして細マッチョになっています。

“成金”とセレブの間で言われ、陰口をたたくセレブの態度にイライラしながら過ごしていたある日、カオンの母カンソンにスジャが挨拶をしたにも関わらず無視をしたことに腹を立てカンソンと言い合いになります。

そこに娘のカオンも参戦してきたことで、わちゃわちゃになります。

しかし、母のスジャはカオンの威勢のよさに惚れこみます。

そこで、「1か月でカオンを口説き落とせ」とのミッションが…。

全く乗り気ではなかったものの、愛車を取り上げられてしまったため、しぶしぶ口説き落とす行動にでます。

さて、スルはカオンを口説けるのでしょうか⁈

ファン・シネ/チェ・カンソン役

ファン・シネ/チェ・カンソン役

モクヨン・グループの会長夫人。

本物のカオンの母で、ジンシムの義母。

若いころ、現在はダンナであるインボムが政略結婚をするため、身を引きます。

しかし、インボムが離婚をしたことで“カオン”を連れて結婚することになります。

結婚が決まった時、カオンが事故で死んでしまいますが、孤児でカオンの親友のジンシムを”カオン”にしたてあげます。

“カオン”の替え玉になったジンシムに“絶対に誰にも話さない”ことを約束し、セレブへの道へ…。

会長夫人となりますが、周りのセレブからは冷たい視線を浴びます。

そんなことにはくじけない強者

また、モクヨン・グループの令嬢にもにも関わらず市場で働いている”カオン”を快く思っていない節があります。

そんな時、セレブの間で同じく冷たい視線を浴びるスル・グループの会長スジャと出会い、やたらと息子のスルを勧められますが…。

ザ・悪という感じの母親役が、怖い!

したたかなカンソンですが、このままジンシムを”カオン”として、夫であるインボムに隠し通せるのかが、見どころです。

パク・スジン/チョン・タンヒ役

パク・スジン/チョン・タンヒ役

スル・スポーツクラブのヨガ講師。

父親がチョン会長。

父親が仕事ばかりしていて、市場の商人は毛嫌いしています。

スルの元恋人で、雇い主であるスルの母親を慕っています。

イ・セヨン/ハン・テイン役

イ・セヨン/ハン・テイン役

出典:公式サイト

テヤンの妹。

テヤンと同じく、両親がいないため、祖母に育てられます。

祖母が亡くなったあと、テヤンが親代わりに育ててくれます。

玉の輿を狙っています。

チョン・ノミン/モク・インボム役

チョン・ノミン/モク・インボム役

出典:公式サイト

モクヨン・グループの会長。

政略結婚でヨン・プノンと結婚します。

その結婚生活の間にもカンソンとの関係は続いており、2人の間にはカオンをもうけます。

ヨン・プノンとの離婚が成立した後、カンソンに娘のカオンを連れて一緒に暮らさないかと連絡をします。

しかし、本物のカオンは死んでしまっていて、ジンシムがカオンになっていることを知りません…。

妻カンソンに騙されたままなのでしょうか。

チャン・ハンソン/チョン・ググァン役

チャン・ハンソン/チョン・ググァン役

出典:公式サイト

青果卸業界の大物。

スル・スポーツクラブでヨガ講師をしているタンビの父。

インボムと離婚したプノンと再婚します。

仕事に厳しく、仕事漬けの毎日の為タンビとの間に溝ができています。

パク・ウォンスク/ファン・スジャ役

パク・ウォンスク/ファン・スジャ役

出典:公式サイト

スル・グループの会長。

スルとカオンが、あるパーティーでお互いの母を庇い、言い争いをしていますが、その威勢のよいカオンを気に入ります。

カオンを息子の嫁にしたいと思い、息子のスルに「1か月でカオンを口説き落とせ」とミッションを与えます。

やる気のないスルの車を取り上げてまで(笑)

なかなか口説き落とせないスルに業を煮やし、カオンの母カンソンにまで縁談を持ち掛けますが…。

カンソンはその縁談に対して…。

キム・ドヨン/ヨン・プノン役

キム・ドヨン/ヨン・プノン役

出典:公式サイト

タンビの義母。

インボムと政略結婚していましたが、離婚し、チョン会長と再婚しています。

パク・ソヨン/チェ・カオン役

パク・ソヨン/チェ・カオン役

出典:公式サイト

チン・ジンシムの親友。

モクヨン・グループのインボムと愛人の母カンソンとの間に生まれます。

インボムと暮らすことが決まりましたが、親友のジンシムと離れることが嫌で、義父インボムに一緒に暮らせるように頼もう考えます。

しかし、チンピラから逃げる途中で足を滑らせ打ちどころが悪く死んでしまいます。

チェビン/チン・ジンシム役

チェビン/チン・ジンシム役

出典:公式サイト

チン・ジンシムの幼少期。

教会の孤児院で生活をしています。

カオンと母のカンソンに憧れを持っていて、ひょんなことでカオンと仲良くなります。

カオンがインボムと暮らすことで離ればなれになることを寂しがり、一緒に住めるようインボムに聞いてみると提案され、喜びます。

しかし、カオンが不慮の事故で死んでしまい…。

カオンが死に半狂乱になった母カンソンに“カオンとして娘にならないか”といわれ、悩んだ挙句提案を受け入れます。

オ・ジェム/ハン・テヤン役

オ・ジェム/ハン・テヤン役

テヤンの幼少期。

ジンシムが大好きで、キスをされテンションが上がります(笑)

そんなジンシムが孤児院を出ていくことを阻止しようと、カオンとジンシムの交換日記を盗み見し、ジンシムを待ち合わせ場所に行かせないように日記を破ってしまいます。

そのことで、カオンは死んでしまう結果となり、カオンの母カンソンに責められます。

スポンサーリンク

僕らのイケメン青果店キャストと相関図まとめ

若者たちのサクセスストーリ―ですが、タイトルとは裏腹に、ちょっとドロドロした内容にもなっています。

何事にも前向きな考えを持っていて、迷わず行動に移すテヤンの姿に、勇気をもらえるドラマになっています。

よく言われる“神様は乗り越えられない試練を与えない”といった言葉がまさにその通りだと感じられるストーリーになっています。

そして、タイトル通りの”イケメン”なメンバーが、四苦八苦しながらトラック行商をする姿に惚れ惚れします。

こんな店員がいるお店なら毎日買いに行って、友達になりたい!(笑)

そして、一番の見どころは、チ・チャンウク演じるテヤンが白雪姫姿でリンゴを売る姿!

今は”カッコいい”という言葉が合っていますが、このドラマに出演されていた頃はまだ幼さが残り、かわいさのほうが前面に出ています。

そんな、かわいさ満載、イケメンいっぱいの僕らのイケメン青果店をぜひご覧ください。

⇒チ・チャンウクの白雪姫姿をみる♡