いとしのソヨン

いとしのソヨン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

いとしのソヨン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

最高視聴率49.3%で、週間視聴率22週連続1位を獲得し、誰しも見逃すことができなかった家族愛と夫婦愛を描いている”いとしのソヨン”。

“華麗なる遺産””私の期限は49日”を手掛けた脚本家ソ・ヒョンギョンが手掛けるラブストーリー

苦労しながら弁護士になったイ・ソヨン役を、イ・ボヨン

有能な外科レジデントでソヨンの双子の弟イ・サンウ役を、パク・ヘジン

ソヨンの夫でウィナーズ副社長カン・ウジェ役を、イ・サンユン

ウジェの弟カン・ソンジェ役を、イ・ジョンシン

ソヨンは司法試験を目指していますが、父の賭博好きにより借金が増え、自分と意外に通う弟サンウの学費を工面していますが、休学の危機に陥り、ウジェの弟ソンジェの家庭教師をすることになります。

笑顔を見せないソヨンに積極的にアプローチを重ねるウジェに、少しづつ心を開いていくソヨン。

しかし、ウジェの母に交際を反対され、家族のことを聞かれたソヨンは“父はいない”と言ってしまいます。

ウジェは父親が経営する会社を継ぐのを嫌がっていましたが、結婚を条件に会社へ入ることに…。

ソヨンとウジェは無事結婚をし、幸せな結婚生活を送っていましたが、ソヨンは父親と絶縁状態に。

一方、サンウは同じ大学病院に勤務するミギョンと結婚を考え始めますが…。

大切な誰かの存在を改めて感じることができるいとしのソヨンの相関図から全キャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

いとしのソヨン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

出典:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

イ・ボヨン/イ・ソヨン役

イ・ボヨン/イ・ソヨン役

元判事で、弁護士

父の借金のために、生活費と大学費用のためにアルバイトを生活をしないといけない環境のなか、夏休みを過ごしています。

そんな時、心臓病を患っていた母親が倒れたと連絡が入ります。

急いでいたために、空港に止めてあったウジェのバイクをちょっと拝借し母の元へ急ぎます。

母はソヨンのために学費を貯めていたしたが、父がこっそり学費をギャンブルに使ってしまっており、怒りがこみ上げ父親に見切りをつけて、ソウルに帰ることになります。

バイトで貯めたお金で父の借金を返したため、大学を休学せざるを得ない状態になった時に、教授からカン家の末息子ソンジェの家庭教師のバイトを勧められ、やんちゃなソンジェから信頼を得たことで、住み込みで家庭教師をすることになります。

双子の弟サンウが、学費のことを気にして兵役へいく決意をしていることに賛成できずにいます。

イ・ボヨン/イ・ソヨン役

カン家へ行くとそこにソンジェの兄ウジェがいますが、この時はまだバイクを拝借した相手だと気づいていません。

一緒に住み始めたことでウジェから気に入られ、食事やデートに誘われ、自分に興味を持ち始めていると感じます。

そんな中、ウジェから突然アメリカへ一緒に行こうと誘われ断りますが、徐々にウジェのことが気になって始めているのも本音。

しかし、元恋人のソヌと一緒にアメリカへいくことになったウジェがいなくなり始めて本当の自分の気持ちに気付きます。

そして、”孤児”と嘘をつき、ウジェと結婚することになります。

結婚し、判事をしていましたが、弁護士になりたいと思いはじめ法律事務所で働くことになります。

そこにはウジェの元恋人ソヌがいることで、気が重い日々が続きます。

そんな姿を見たウジェがソヌに勝手に会いに行ったことに機嫌が悪くなりケンカになりますが、嫉妬をしてくれたとウジェは喜んでします。

一方、不妊治療の為に病院に行くことになりますが、そこは弟サンウのいる病院だと知ると、サンウに病院を移ってほしいと頼みます。

イ・ボヨン/イ・ソヨン役

ひょんなことで、孤児だと聞いていたはずなのに、父サムジェとの関係を知られたことで、ウジェの態度が冷たくなっていきます。

態度が変わってしまったウジェに何度も理由を聞きますが”冷めた”とだけ言われてしまいます。

イ・ボヨン/イ・ソヨン役

突然ウジェの態度が冷たくなり戸惑い、しかもカバンの中に避妊薬が入っていたのを見つけられ離婚を告げられたことで、その離婚も素直に受け入れることになります。

あんなに愛し合っていた2人ですが、父がいることを隠していたうえに、避妊薬まで見つけられてしまったソヨン。

このまま、2人は離婚をして別々の道を歩むのでしょうか。

パク・ヘジン/イ・サンウ役

パク・ヘジン/イ・サンウ役

ソヨンの双子の弟で、総合病院のレジデント

父サムジェと一緒に暮らしながら、学費を稼ぐために代行運転のバイトをしている途中に、交通事故に遭遇し、そこでミギョンという女性と応急処置の仕方で揉めます。

そして、事故にあっていたのはホジョンという女性。

退院したホジョンがお礼にと言えまで食材を持って押しかけてきたことに戸惑いますが、一緒に食事をすることになりますが調子の悪くなったホジョンを再び応急処置をします。

それからというもの、ホジョンから追いかけられるようになり、正直なところ嫌がりますが、ホジョンのストーカーが功を奏し、父サムジェが倒れているのを発見してくれます。

一方、ソヨンが父サムジェの存在と自分の存在を隠し、ウジェと結婚をすると聞き、許すことができません。

パク・ヘジン/イ・サンウ役

ソヨンの結婚から3年が過ぎ、外科のレジデントとなりミギョンと同じ病院で働いています。

ミギョンの身分をしらないまま付き合うことになります。

そして、父サムジェの誕生日にミギョンを紹介します。

しかし、ひょんなことからミギョンがカン家の娘で、ウジェの妹だということを知り、ショックをうけミギョンと別れてしまいます。

そして、ミギョンへ充てつけるようにホジョンと結婚をします。

また、ミギョンの身分差が分かり、初めてソヨンの気持ちが分かったと告白する場面が…。

こんな結婚をして、サンウとホジョン、ミギョンの3人は幸せになれるのでしょうか。

イ・サンユン/カン・ウジェ役

イ・サンユン/カン・ウジェ役

ソヨンの夫で、ウィナーズの副社長

弟ソンジェの家庭教師として、住み込みで働くことになったソヨンのことが気になり始めアプローチしますが、なかなか振り向いてはくれません。

イ・サンユン/カン・ウジェ役

一方、ソヨンの写真を大切に持ち歩いていることが、父ギボムと母ジソンにバレてしまい問い詰められたので、ソヨンに対しての気持ちを隠さずに話します。

そのせいで、家に居づらくなったソヨンは家を出てしまい、このことがきっかけでより一層好きという気持ちが強くなり、ますますアプローチをした結果、食事に行くことに成功します。

そんな時、元恋人ソヌがアメリカから帰ってきて、一緒にアメリカへ行こうと誘われたうえ、勝手にソヌが結婚すると両親に話してしまいます。

イ・サンユン/カン・ウジェ役

しかし、ソヨンと結婚を許してもらえたら会社を継ぐと父ギボムにいったので、結婚を許してもらえることになりますが、ソヨンは父も兄弟もおらず“孤児”と言われています。

ある日、車が目の前に来たところを、ソヨンの父ソンジェに助けられ、ケガのために仕事を辞めざるを得なかったソンジェを会社の駐車場係として雇います。

すると、サムジェのロッカーにソヨンの写真が落ちていたことで、ソヨンとの関係に疑問をもち、家族関係証明書を確認すると…。

ずっと父や弟の存在を隠されていたことにショックを受け、ソヨンに冷たく当たり始めます。

イ・サンユン/カン・ウジェ役

そして、サムジェを調査し始め、サンウとミギョンとの関係にも気づきます。

とうとう、ソヨンが親や兄弟のことを隠していたのが許せず離婚をすることになります。

あんなに愛し合っていたソヨンとウジェなのに…。

2人の関係はどうなるのでしょうか。

イ・ジョンシン/カン・ソンジェ役

イ・ジョンシン/カン・ソンジェ役

ウジェの弟で、大学生

家庭教師を何人もクビにし、自由奔放な性格

そんな時、ソヨンが家庭教師として家に来ます。

今までの家庭教師と同じだと思い、家を抜け出そうとすると外でソヨンが待ち構えていたのにビックリします。

念願の文化祭でファッションコンテストに出ることができることになったことを伝えると、機転をきかし”今日は課外授業”ということになります。

臨機応変に対応してくれるソヨンに信頼を置くようになります。

そんな中、ソヨンと兄ウジェが結婚することになります。

3年が過ぎ、大学生になり、芸能界事務所のスカウトマンに声を掛けられ、即座に契約書にサインをしてしまいます。

家族に内緒で、演技のレッスンを受けるのですが、教えてくれる先生ウンスはソヨンにとても似ていることにドキッとします。

が、ソヨンとは別の厳しさがあり何度も悔しい思いをします。

ウソンが同じ学校に通っていることを知り、告白をすることを決意しますが、こっぴどく振られてしまいます

しかも、ウンスから復讐するために近づいたといわれひどく傷つきます。

そのうえ家に帰ると母ジソンとユン秘書との話を聞き衝撃を受けます。

イ・ジョンシン/カン・ソンジェ役
ずっとカン家の息子と思って育ってきましたが、衝撃の事実を知りかなりショックを受けます。

このまま、カン家で過ごすことになるのか、母ユンの元へ戻りのでしょうか。

パク・ジョンア/カン・ミギョン役

パク・ジョンア/カン・ミギョン役

ウジェの妹で、総合病院のレジデント

ある日交通事故に遭ったホジョンを助けます。

そこでサンウと出会います。

数年後、レジデントとして同じ職場で働くことになります。

パク・ジョンア/カン・ミギョン役

サンウに自分がカン家の娘だということを隠し、仲良くなっていくうちにサンウに惹かれ始めます。

しかし、サンウに惹かれるうちに自分の身分を明かさずにいることをためらい始めます。

自分の身分を話す機会を失い、どんどんサンウと気まずくなっていきます。

そして、とうとう兄ウジェと話をしているところをサンウに見られてしまいます。

そうとは知らずに、職場へ行くと、サンウから冷たい態度をとられることに戸惑います。

サンウとの関係修復をするためにホジョンに協力を求め、サンウと会えることになりますが…。

サンウからは拒否が続き、挙句にホジョンと結婚するとまで聞かされ…。

チェ・ジョンウ/カン・キボム役

チェ・ジョンウ/カン・キボム役

ウジェの父親で、ウィナーズの社長

末息子のソンジェの素行が原因で、次々と家庭教師が辞め頭を痛めていました。

しかし、ソヨンが家庭教師になったとたんにソンジェの素行が良くなったことを受け、住み込みで家庭教師をしてほしいとソヨンに頼みます。

一緒に暮らし始めたことで、ウジェがソヨンに気があることを何となk気づき始め、アメリカへ行くことをウジェに勧めます。

そして、ウジェとソヌとの結婚をさせようとしますが、ウジェからは断られてしまいます。

ウジェから、ソヨンとの結婚を許してもらえたら会社を継ぐとの条件を言い出されたために、ソヨンとの結婚を許すことにします。

一方、恨まれていたある社長から、妻ジソンを使い復讐をされることになります。

警察沙汰にまでなり、すぐにソヨンに解決を求めますが、この時世間体を気にしての対応を取ったことにジソンはご立腹。

世間体のことしか考えていない夫に対し”離婚する!”とまで言われ、家を出ていかれます。

しかし、本当に離婚するとは思っていませんでしたが、ソヨンから最悪の事態を想定した言葉を言われ…。

キム・ヘオク/チャ・ジソン役

キム・ヘオク/チャ・ジソン役

ウジェの母親

ソンジェの家庭教師としてソヨンを雇います。

住み込みで家庭教師をするようになったソヨンのことを、ウジェが気にいっているのがわかり、ウジェには好きになった人と結婚してほしいと考えています。

そして、ソヨンとウジェが結婚することになります。

ある日、夫キボムに自由奔放なソンジェを”しっかり教育しろ”と言われたことに“自分が産んだ子でもないのに”とボソッと言ってしまします。 

そんな時、ソンジェが演技の学校にこっそりと通っていることを知りますが、ソンジェが言ってくれなかったことよりもソヨンが知っていて自分が知らなかったことにショックを受けます。

そして、また一つとてもショックなことを知ります。

それは、ソンジェが夫キボムと秘書ユンの子だという事実を知りかなりショックを受けます。

そんな時、ソヨンが散歩に連れ出してくれ、気分転換を図ってくれたことにとても感謝をします。

一方、キボムに恨みを持つ人に騙されてしまいます。

そんな時、キボムからは”世間体”を気にした言葉ばかりを言われ、自分の言葉や行動について話を聞いてもらえなかったことに腹をたてて、ついに“離婚届”をおいて家をでます。

一体、キボムとどうなるのでしょうか!

チョ・ウンスク/ユン・ソミ役

チョ・ウンスク/ユン・ソミ役

出典:公式サイト

ギボムの秘書で、秘書室長

実はソンジェの母。

キボムと一晩の過ちでソンジェを妊娠したのですが、ソンジェをカン家の家の前に置いていきます。

しかし、ソンジェのことが気になりソウルに残ることを決め、キボムの秘書として仕事を続けることを決めます。

キボムに全てを打ち明けると、キボムからソウルから出ていくように言われますが…。

チョン・ホジン/イ・サムジェ役

チョン・ホジン/イ・サムジェ役

ソヨンの父

亡き妻が必死で貯めたお金をギャンブルに使い、その上借金をしていることを娘ソヨンに知られてしまい、見切りをつけられます。

ソヨンが、学費のためにと貯めていたバイト代で借金を肩代わりしてくれたことで、心を入れ替えます

ナイトクラブで働き始め、性に合っていたのか一気にホールマネージャーまで昇格します。

給料も増え、貯金ができるまでになります。

しかし、仕事中に客にいちゃもんを付けられ警察沙汰になってしまい、ソヨンに連絡をすることになり、迎えに来てもらいます。

ソヨンにナイトクラブで働いていることを知られ、呆れられてしまいます。

ある日、ソヨンからアメリカ留学をするとの話を聞かされます。

しかし、バイトで結婚式のサクラで出席すると入場してきた新婦がまさかのソヨンでした。

驚きが隠せないまま、バレないように顔を隠します。

ソヨンが結婚したことを誰にも言えず3年の月日が流れます。

愛想を付かれ、結婚式にも呼ばなかったソヨンことを、陰からそっと見守っています。

ソヨンが自分の存在を隠して結婚したことをとてもショックに思いますが、そこまで嫌われているのかとも思い、ソヨンの人生の邪魔をしない様に生活をします。

チョン・ホジン/イ・サムジェ役

それでもやはり父、ソヨンのことが気になり、月に1度はソヨンの様子を伺います。

ソヨンと和解することができるのでしょうか。

シム・ヒョンタク/チェ・ギョンホ役

シム・ヒョンタク/チェ・ギョンホ役

出典:公式サイト

サンウの病院の教授

ホジョンの異母兄弟

ホジョンがアメリカから帰国する際に、一緒に帰国します。

7年前に夫婦でアメリカへ行きますが、妻がなくなったことで韓国へ戻り、韓国を拠点にすることを決めます。

チェ・ユニョン/チェ・ホジョン役

チェ・ユニョン/チェ・ホジョン役

サンウに片思いする音大生

交通事故に遭い、そこで当時医大生のサンウとミギョンに助けられます。

助けてくれたお礼にと、サンウの家までたくさんの食材を持って行きますが、サンウに冷たくあしらわれます。

そしてみんなで食事をした後、食べ過ぎで苦しんでいるとまたもやサンウに応急処置をしてもらい、この時バックハグの姿勢になり、サンウに落ちてしまいます♡

それからというと、サンウに偶然を装って大学まで押しかけたりして、自分の気持ちを打ち明けようか悩みます。

ストーカー並みの押しかけ具合です(笑)

しかし、サンウは同僚のミギョンのことが気になっていることに気が付きます。

そんな時、ミギョンの家のことをしったサンウは、ミギョンと距離を置いたことをしります。

悲しみにいるミギョンから相談をうけ、本当にサンウのことを好きだとわかり、しぶしぶ協力をすることにします。

しかしそこミギョンは現れず、サンウに怒り心頭されてしまいます。

後日、冷静になったサンウから謝罪されたうえ、ミギョンを諦めさせるために結婚をすればいいのか?と独り言を言っているサンウからプロポーズされ…。

チェ・ユニョン/チェ・ホジョン役

サンウのことが大好きなホジョンですが、ミギョンから頼まれるところわれないお人好しな性格ですね。

お互いが諦めきれないミギョンとサンウを応援し身を引くのか、サンウを手に入れるのか。

ホン・ヨンプ/チェ・ミンソク役

ホン・ヨンプ/チェ・ミンソク役

出典:公式サイト

ホジョンの父で、ウィナーズの理事

仕事で大きな失敗をして、地方に飛ばされることになります。

しかし、地方に行くぐらいならと”辞表”をだします。

この辞表は、これから”自分”の人生を生きるためにと、全く心残りもなく晴れ晴れとした気持ちでした。

そして、なんと演劇学校に通うことを決意します。

ソン・オクスク/キム・ガンスン役

ソン・オクスク/キム・ガンスン役

ホジョンの母親

娘ホジョンが”秘密のノート”を書いていているのを偶然見つけ、中身を確認するとサンウの名前が書いていったために、病院へ身辺調査をしに行きます。

そして、ある日サンウとホジョンがデートをしているところに出くわし、こっそりと覗いていると、ホジョンがホテルの方を指さしていたのを見つめ、慌てて連れて帰り、2人の結婚を反対します。

同じころ、夫ミンソクが仕事を辞めていることに気付き、その上演技の学校に通っていることに激怒りします。

サンウホジョンが結婚を反対していましたが、急に結婚を認めるような発言を…。

無事に2人は結婚をしますが、時間とともに結婚を許したことを後悔し始めます。

ミン・ヨンウォン/イ・ヨニ役

ミン・ヨンウォン/イ・ヨニ役

出典:公式サイト

ソヨンの同級生で、ソヨンの事務所の職員

ソヨンから過去を話さないように頼まれますが、なにを隠すことがあるのか!と怒り出します。

ソヨンの事務所を辞めて、より給料の良いところに転職しようと考えていましたが、ソヌから給料を今より多く支払うから辞めないでと止められ思いとどまることにします。

ソヌがソヨンのことをやたら気にしているのが気になり聞いてみると、ソヨンが”孤児”だと思っていることを知り驚きます。

なんとなく、ソヨンとギクシャクしているところに、変な男に囲まれている所をソヨンに助けられます。

そこで、自分にも人に言えない過去があるとソヨンに打ち明けたことでわだかまりもなくなっていきます。

チャン・ヒジン/チョン・ソヌ役

チャン・ヒジン/チョン・ソヌ役

ウンジェの元恋人で、ソヨンの同僚弁護士

アメリカから帰国し、ウジェの元へ行きます。

チャン・ヒジン/チョン・ソヌ役

ウジェから”好きな人がいる”と言われても、気にせずにウジェの両親に結婚させてほしいと頼みます。

自分の好きなウジェが、ソヨンのことを好きただということに納得がいかず、ソヨンの周りを調べようとします。

クァク・スンナム/コ・スンチャン役

クァク・スンナム/コ・スンチャン役

出典:公式サイト

ソヨンの事務所の代表弁護士

判事をしていたソヨンを自分の事務所へ誘います。

スポンサーリンク

いとしのソヨン全キャストと相関図まとめ

いとしのソヨン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

幸せをつかむためについてしまった嘘で、誤解やすれ違いを繰り返して、結局悲しい結果を生んでしまったソヨンやミギョン。

しかし、親の存在を隠してまで結婚したいという心理や秘密事が理解できない行動のように思えますが、”誰にでもありえる”ことだとも気づかされるような内容となっています。

そうです!誰にでも、家族や友達に言えない秘密や些細な嘘をついたことありますよね。

いずれは、その”嘘”の真実を話さなければいけないときがきます。

それを、受け入れられる相手の器や愛の深さを主人公たちは見事にえんじられていると感じました。

親子や夫婦、家族の葛藤と和解を優しいタッチで描かれているいとしのソヨンをぜひご覧ください。