仮面の王 イ・ソン

仮面の王イ・ソン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

仮面の王 イ・ソン画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

仮面の王イ・ソンは全話同時間帯視聴率1位を記録した歴史エンターテインメントドラマです。

朝鮮王朝時代、秘密結社“辺首はある毒の力国王を操り支配していました。

その毒は一度摂取してしまうと、定期的に飲まなければ死にいたると言うもので、国王もまた辺首会に逆らうことが出来ませんでした。

辺首会から息子である世子イ・ソンを守るため、国王は息子に仮面を被せ、世子の顔を見たものは殺せと言う指示を出すのでした。

そして成長したイ・ソンは、自分が仮面をつけることになった理由を知るため、変装し町へ繰り出したことで、良家の娘カウン、そして同じ呼び名を持つイソンと出会い、数奇な運命へと導かれていくのでした。

さて、そんな仮面を被り孤独と闘う世子イ・ソンには、天才子役と呼ばれ、“リメンバー〜記憶の彼方へ〜”のユ・スンホが演じています。

そして、その世子と数奇な運命を共にし、深い愛情で結ばれていくカウンには、こちらも子役時代から賞を受賞し、数々の作品に出演しているキム・ソヒョンが演じています。

また、世子と同じ呼び名を持ち、世子の影武者となり、カウンに想いを寄せる青年イソンには、INFINITEエルが演じています。

さらには、テモク演じるホ・ジュノウ・ボ演じるパク・チョルミン等、実力派俳優が脇を固めており、豪華なキャストとなっています。

そんな見所満載な新感覚時代劇、仮面の王 イ・ソンを相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

仮面の王イ・ソン全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

ユ・スンホ/イ・ソン(チョンス)役

ユ・スンホ/イ・ソン役

引用元:公式サイト

世子。

国王の息子として生まれたイ・ソンは、国を操る辺首会から逃れるため、幼い頃から仮面をつけた生活をしてきました。

どうして自分が仮面をつけていなければならないのか、父に聞くも教えてもらえません。

そして、その疑問を解消すべく、変わり者の先生と噂のウ・ボ先生の元を訪ねるため、変装して王宮を抜け出し、町に繰り出します。

王宮の外は、初めて見る物ばかりで興味深い物ばかりでしたが、水を巡ってトラブルに巻き込まれ、早々に役人から追われてしまいます。

そして、近くにあった籠に身を隠したイ・ソンは、カウンと出会います。

ユ・スンホ/イ・ソン(チョンス)役

カウンには、書籍売りのチョンスと名乗ります。

そして、偶然にもウ・ボ先生のところに行こうとしていたカウンにウ・ボ先生を紹介してもらうのでした。

イ・ソンは、ほんの少しの時間でしたがカウンと接し、一目惚れに近い感覚で、カウンに惚れるのでした。

そして、初めて王宮の外に出て、民が水の事で苦しんでいる事実を目の当たりにし、解決させようとしますが、かえって仇となり不幸を招くこととなってしまいます。

イ・ソンは、大事な人を守れるよう強くなると近い、カウンにそばで見ていて欲しいと伝えます。

ユ・スンホ/イ・ソン(チョンス)役

しかし、様々な思惑が入り乱れ、二人で新しい旅立ちをすることが出来なくなってしまいます。

テモクが反乱を起こし、父と母を殺されてしまいます。

王宮を命からがら抜け出したイ・ソンは、今度は商人の頭領として身を隠し、テモク達の動きを探っていました。

そして、チョンスではなく頭領として再びカウンと再会するのでした。

カウンとは心を通わせていたと思われますが、カウンが突然女官になる決意をしたといい、それを聞いたイ・ソンは止めようと追いかけますが間に合いませんでした。

ユ・スンホ/イ・ソン(チョンス)役

カウンが宮中に入ると、イ・ソンはチョンウンとウ・ボと共に宮中に入り込み、カウンを守りつつ、テモク達と対峙していくための準備を進めて行きます。

自身もテモク達に狙われているのに、ピンチに追い込まれるカウンを必死で助けます。

一方で、自分の影武者となったイソンがカウンを自分の側に置いておこうとするのを阻止しようとしますが、イソンからは早く自分がカウンの父親を殺めた世子であることを告げるように迫らます。

そしてついに、イ・ソンはカウンに自分の正体を伝えるのでした。

ユ・スンホ/イ・ソン(チョンス)役

むろん、カウンからは受け入れてもらえず、二度と姿をみせないで欲しいと言われてしまいます。

しかし、イ・ソンは立ち止まっている場合ではありませんでした。

テモクから国を奪い戻すため、そして民を守るためにやるべきことがありました。

イ・ソンは辺首会によって死んだ事にされていましたが、その間に身を隠し徐々にテモクを追い詰める準備をしていました。

果たして、イ・ソンはテモクから国を取り戻し、さらにはカウンと幸せを手にすることが出来たのでしょうか。

キム・ソヒョン/ハン・カウン 役

キム・ソヒョン/ハン・カウン 役

引用元:公式サイト

役人の娘。

王の忠臣である役人ハン・ギュホの娘で、聡明で優しく、それでいて芯の強い女性です。

ある時、書籍売りのチョンスを装った世子のイ・ソンと出会い世子とは知らずに親しくなり、想い合う仲となります。

一方で、カウンは“仮面を付けた世子”を憎むきっかけとなった事件に巻き込まれることになります。

チョンス(イ・ソン)を想い世子(イ・ソン)を恨むと言う何とも切ない展開です。

カウンは、憎き世子を廃位させるため宮中入りを決断します。

そして、王妃選びの候補になってしまったり、イ・ソンとテモクの争いに巻き込まれたりと波乱の連続です。

果たして、カウンは父の死の真相を追求し、穏やかな生活を手に入れることが出来るのでしょうか。

エル(INFINITE/キム・ミョンス)/イソン役

エル(キム・ミョンス)/イソン役

引用元:公式サイト

世子の影武者。

カウンの幼なじみで、名前がなかった自分にイソンと言う名前をカウンに付けてもらいます。

貧しく勉学の機会のなかった自分に、勉学の機会をカウンから与えられウ・ボの弟子になる事ができました。

そして密かにカウンに想いを寄せるのでした。

変装して現れた世子のイ・ソンと出会ったことで、世子の影武者となります。

賢くて、優しかったイソンでしたが、世子の影武者として生活していくうちに、変化していき、カウンを手に入れたい想いが強くなっていきます。

また、世子のイ・ソンが死んだとされると、自身が王の座についたまま権力を握ろうと欲を出してしまいます。

果たして、イソンは影武者になる前の心優しい青年に戻る事は出来るのでしょうか。

ホ・ジュノ/テモク役

ホ・ジュノ/テモク役

引用元:公式サイト

秘密結社辺首会首長。

ある毒の力で王や朝廷を支配している、秘密結社“辺首会”首長です。

国王を辺首会に入会させ、実質的な王になることを目論んでいます。

そのため、生まれたばかりの世子をも入会させようと画策しますが、失敗となり大人になった世子と闘うこととなります。

辺首会の維持と拡大、さらには自分のためには手段を選びません。

そのため家族でも容赦しない冷酷な人間です。

ユン・ソヒ/キム・ファグン役

ユン・ソヒ/キム・ファグン役

引用元:公式サイト

辺首会首長の孫娘。

テモクの孫娘であり、辺首会の一員です。

世子との縁談を進められますが、その時は世子に興味はありませんでした。

しかし、ひょんな事から世子の素顔を見てしまったファグンは世子に一目惚れ、世子の妻となるのは自分の他にいないと自信に満ちていました。

ファグンは、祖父テモクから世子を守ろうと奮闘し、世子の命を助けます。

自分の命をも投げ出して、世子を守ろうとする、堂々とした姿は非常にカッコイイです。

それでもファグンは女の子、世子の素顔を見て一目惚れ、妃を夢見る表情もまた可愛いです。

パク・チョルミン/ウ・ボ役

パク・チョルミン/ウ・ボ役

引用元:公式サイト

学者。

イ・ソンがチョンスと名乗り自分の元を訪ねて来た際、すぐに世子であることに気が付きます。

変わり者の学者と言われていますが、常に周りを読み的確な判断をすることが出来る人物です。

世子が生まれたときに、その場に居合わせた学者でもあり、その時世子に何が起きたのかを知ってる人物でもあります。

最初は、イ・ソンを邪険に扱いますが、民をも巻き込んでいく事態となった時、テモクらと闘うイ・ソンに協力し、貢献していくことになります。

キム・ビョンチョル/キム・ウジェ役

キム・ビョンチョル/キム・ウジェ役

引用元:公式サイト

ファグンの父。

テモクの息子で、父親が辺首会の首長であるため、安定した生活を送っています。

偉大な父親であり、それでいて一番恐ろし存在でもあるため、波風を立てないようにしている印象があります。

娘のファグンを可愛がっていますが、世子を守ろうとするファグンと父親が対立するようになると、ウジェはファグンを心から心配するのでした。

ファグンが世子を守る選択をしたことで、ファグンを失うと茫然自失となってしまいます。

しばらくしてウジェは世子の元を一人で訪れ、世子とある取引をするのでした。

キム・テホ/キム・ヨンウン役

キム・テホ/キム・ヨンウン役

引用元:公式サイト

テモクの手下。

揚水庁の長で、テモクの部下でもあります。

偉大なテモクの後ろ盾があるせいか、強気で民に対する扱いが荒く、良い印象を与えません。

またテモクへの忠誠心が強く、テモクの命令は逆らうことはしませんが、最後に唯一手を下せなかった出来事が起きます。

この時は、ヨンウンにも情があるんだなと思ったシーンです。

しかし、テモクがいてこそ自分が存在すると思っているため、最後までテモクと共に闘う男なのでした。

キム・ソギョン/コン役

キム・ソギョン/コン役

引用元:公式サイト

ファグンの護衛。

テモクの手下であり、テモクが一目置いている刺客です。

テモクの指示により、国王や周辺の動きを探り、テモクに報告していましたが、ファグンの希望で、ファグンの護衛となり密かにファグンに想いを寄せるようになります。

好きな女性が、別の男のために奮闘しているのをそばで守るコンは、切なさを感じました。

ファグンを失ったコンは、ファグンから世子を守る約束をします。

そのため、コンは世子とテモクの闘いにおいて、チョンウンと共に世子を守ることとなります。

シン・ヒョンス/チョンウン役

シン・ヒョンス/チョンウン役

引用元:公式サイト

イ・ソンの護衛官。

世子が幼い頃から近くにいますが、世子の顔を見たことがありませんでした。

それなのに、世子が王宮から抜け出すと、国王から世子を探し出せという命令が下ります。

顔も見たことが無いのにどうやって探せというのだと困惑しますが、その命令が下る前に世子では?と思い当たる人物を見かけていました。

チョンウンの感は当たっていました。

国王がテモクによって殺され、窮地になった世子を守り、共にテモク達と闘っていくことになります。

キム・ミョンス/国王役

キム・ミョンス/国王役

引用元:公式サイト

イ・ソンの父。

辺首会に入会し、その力によって国王の座を前王から奪います。

その事からテモクには逆らうことが出来ず、形だけの王となってしまいます。

その事をひどく後悔し、自分の息子だけは辺首会から守ろうと画策し、イ・ソンに仮面をつけて生活させることとなります。

また生まれたばかりのイ・ソンが命の危機に迫られた時、イ・ソンの命と引き換えに、テモクに揚水庁を与えてしまいます。

それによって民を苦しめることとなってしまうのでした。

キム・ソンギョン/王妃役

キム・ソンギョン/王妃役

引用元:公式サイト

王の正室・後に大妃。

王宮の中で、唯一テモクと対等に闘うことの出来る人物です。

自身に子がいないため、世子の誕生を歓迎しますが、そんな世子に毒を盛るなど、腹の中では何を考えているかわからない人物です。

国王の死後、テモクが国を支配しようとしている事を阻止しようと、画策します。

世子の顔を知らなくても、イソンが影武者であることをすぐに察知し、未熟な世子をサポートするためと大妃として政をする決意をします。

そこには、世子の影武者を近くで操り、テモクと闘おうとする大妃の思惑があったのでした。

とはいえ、一筋縄ではいかない大妃は、最後には世子の敵となるのか味方となるのか注目してください。

チェ・ジナ/楹嬪(ヨンビン)役

チェ・ジナ/楹嬪(ヨンビン)役

引用元:公式サイト

イ・ソンの生母。

王の側室で、後継ぎとなる世子を出産します。

国王が置かれている状況を理解し、イ・ソンを守りながら育ててきました。

国王の最後の場面で、楹嬪もまた命を落とすこととなりますが、その際カウンが近くにいました。

そして、カウンに父親を死なせてしまったことを世子の代わりに詫び、カウンにあることを託すのでした。

チョン・ノミン/ハン・ギュホ役

チョン・ノミン/ハン・ギュホ役

引用元:公式サイト

カウンの父。

王の忠臣であり、聡明な役人です。

カウンがイ・ソンと出会ったことで、ある事件に巻き込まれ命を落とすことになります。

そして、ギュホもまたチョンスが世子であることに気が付いていました。

自身の置かれている状況を受け入れ、運命に逆らうことなくこの世を去ることとなります。

スポンサーリンク

仮面の王イ・ソン全キャストと相関図まとめ

仮面の王 イ・ソン全キャストと相関図まとめ

仮面の王イ・ソンは、時代劇にしては話数が短く、登場人物も多くないので、非常にわかりやすい韓国時代劇となっています。

そして、正と悪がはっきりしているドラマです。

未熟だった世子が、父である国王と母を失い、王宮で起こっていることを知ったのち、テモクと闘うために力をつけ成長していく様子は見所の一つです。

また、世子イ・ソンカウン世子影武者イソン三角関係も見どころで、後半になるにつれて盛り上がってきます。

特に、影武者であるイソン本物の王になりたいと欲を出してしまい、さらにはカウンを側室にしようとする辺りから、イ・ソンイソンの感情のぶつかり合いは見ものです。

未熟な世子から、立派な王と成長したイ・ソンも成長ぶりがわかりやいですが、世子の影武者となったイソンが権力を前にして狂っていく様子もわかりやすかったです。

人間て権力を手にするとこうなってしまうのね、と思ってしまいました。

それでもイソンはもともと賢くて、優しい人間だったので最後には世子やカウンを守ろうと自分が盾となるところは、また切ないシーンでもあります。

そんな見所満載なドラマ、仮面の王イ・ソンをぜひご覧ください。