ラブレイン

ラブレインキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

ラブレイン画像付きで相関図から登場人物を解説!
Pocket

人気若手俳優チャン・グンソクと、K-POPグループ「少女時代」のユナが、禁じられた恋に悩む親と子の2役を演じた清純派ラブロマンスストーリー。

70年代当時の最先端ファッションをまとった大学生を演じるグンソクとユナが印象的。

このドラマは、ユナが2012年ネチズン(ネット民)大賞を受賞し、さらにファンの熱烈な要望によってドラマと同キャストで、三部作の映画も作られたほどの大ヒットとなっています。

3秒で恋に落ちたふたりの現代版ロミオとジュリエット。

泣けるラブロマンス、ラブレインの相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

ラブレインキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

引用元:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

チャン・グンソク/ソ・イナ(1970年 父)ソ・ジュン(2012年 息子)・1人2役

チャン・グンソク/ソ・イナ役

イナは韓国大学美術科の学生です。

ある日イナは女子大生ユニとすれ違います。

すれ違う「3秒」の間に恋に落ちたイナは、ユニと運命の出会いをしました。

その日以来イナの頭の中はユニでいっぱいになり、想いはどんどん募っていきます。

大学の庭で本を読んでいたユニを見つけたイナは、とっさにユニの絵を描き始めました。

スケッチブックからふと目を上げるとユニの姿がない…。

慌てて外に飛び出すイナ、そうとう重症の一目惚れです。

ある雨の日、ついにイナは、ユニと二人であいあい傘をして歩くことに成功。

シャイな二人は、ぴったりくっつくことができなくて、イナはずぶぬれになります。

初々しい二人の恋の始まりです。

内気なイナは、ドンウクに「ユニのことが好きになった!」と先に言われてしまい自分がユニを好きなことは言い出せませんでした。

それから、行動的なドンウクは合コンをセッティングします。

くじ引きのようなゲームでカップルを決めましたが、チャンモはインスクと、イナはへジョンと、ドンウクは狙い通りユニと付き合うことになります。

でもユニはイナのことが好き。

チャン・グンソク/ソ・イナ役

ユニとイナは両想いなのに、へジョンとドンウクが入って来て4人の関係は複雑に…。

イナは思わず「ドンウクと上手くいってほしい」と心にもない発言をしてしまい、後悔します。

そう言ったもののイナはユニを諦めきれず、ドンウクにふたりの気持ちを伝えます。

もちろんですが、ドンウクは激怒!

黙ってドンウクの暴力を受け入れるイナ。

やっとドンウクの気持ちも落ち着いたころ、ユニの身体には異変が起き始めていました。

重い結核に侵されたユニは、だれにも本当のことを言わずに、ソウルを離れます。

そして二人は永遠に会うことがありませんでした

チャン・グンソク/ソ・ジュン役

2012年北海道。

売れっ子カメラマンのソ・ジュンは撮影のため北海道にやってきました。

駅についてホームに降りたところで、すれ違った女性チョン・ハナとぶつかります。

スタッフにもモデルにも超厳しいジュンは、周りには少々疎まれ気味…。

いつも不機嫌な態度でぶっきらぼうなジュン。

私生活でも同じく人に対して厳しく、両親の不仲を見て育ったこともあって絶対に誰のことも好きにならないと豪語していましたが…。

けれどぶつかった時ハナのスマホがジュンのポケットに滑り込んでいて、持ち主のハナと出会うことになります。

スマホを返す、返さないと顔を合わせるたびに喧嘩になるふたりですが

‘’ダイヤモンドダストを一緒に見たふたりは恋に落ちる‘’

という伝説がある中、偶然ふたりでダイヤモンドダストを見ることになって…

何度も何度も喧嘩しながらも、お互いのことが気になっているふたりはいつしか両想いに♡

1970年の縁が再び…ジュンはイナの息子でハナはユニの娘だったのです!!

チャン・グンソク/ソ・ジュン役

※左の男性です。

そのころ父イナも、ユニに再会して今度こそ一緒になろうと再び愛し合います。

ジュンとハナ、イナとユニの2つの恋がここからスタートしました。

ユナ(少女時代)/キム・ユニ(1970年 母)チョン・ハナ(2012年 娘)・1人2役

ユナ/キム・ユニ役

韓国大学家政学科の女子大生ユニは、控えめで清楚な魅力を持っています。

ユニはある日、イナと構内でぶつかってしまいます。

それ以来イナと関わることが増え始めて、ユニはイナのことが好きになります。

しかしへジョンに連れて行かれた合コンで、ドンウクと付き合うことになってしまい、困惑します。

結局、ドンウクを裏切る形でイナと付き合うことになったユニですが、学内ではふたりの男をたぶらかしたと陰口を言われ、学校に居づらくなったタイミングで結核が悪化し、叔父を頼って外国で治療することになりました。

それから時が流れて2012年。

北海道の大学に留学中のガーデナーチョン・ハナは、元気いっぱいの女子大生。

ユナ/チョン・ハナ役

母と同じ植物に関する仕事をしているものの、性格はまったく逆の負けん気の強いハナは、ある日駅で男性(ジュン)とぶつかってしまいます。

その後、スマホがなくなったことに気が付いて、自分の番号に電話をしてみるとジュンが出ました。

返してもらうため約束の場所に行っても、撮影中のジュンたちは移動が激しく、なかなか返してもらえなくてハナはイライラ。

ジュンはとってもムカつくやつ!と思っていましたが、ハナは徐々にジュンにオチてしまいます。

初めての彼氏、ハナは、幸せな日々を過ごします。

ハナのチュー顔がキュートすぎて…ジュンもツンケンしていた時とは別人になって、ふたりは幸せです♡

ユナ/チョン・ハナ役

しかし、ある日突然ジュンの態度が豹変してわけもわからず別れることになってしまい、ハナは困惑するばかり。

しばらくして、ハナの母とジュンの父親が恋人同士だと気が付き、母のためにジュンを諦めることにします。

自分の恋と母親の幸せの板挟みで苦しむハナは辛そうで、視聴者も泣きポイントだと思いますよ。

ユナ/チョン・ハナ役

お互い愛し合っていても、許されない恋…ジュンとハナはまさに、現代版ロミオとジュリエットです。

キム・シフ/イ・ドンウク(1970年、父) イ・ソンホ(2012年、息子)・1人2役

キム・シフ/イ・ドンウク役

引用元:公式サイト

1970

イナと同じ韓国大学に通う医学科のドンウクは、イナと親友です。

音楽喫茶で人気DJとして活躍するドンウクは、イナと違ってプレイボーイで行動的。

ユニのことを気に入ったら即、合コンをセッティングしたり、映画に誘ったり。

でもその時すでにユニはイナのことを好きになっていてドンウクと付き合うことに違和感を感じていました。

結局親友のイナとの、付き合い始めたばかりの彼女ユニに、裏切られる形でユニと別れます。

2012

ドンウクの息子のソンホは、父親が友達ということでイナとは幼なじみです。

キム・シフ/イ・ソンホ役

引用元:公式サイト

ソンホは、ちょっとのんびりで、ちょっとお節介な町のお医者さんです。

患者を引き留めて長話をしたり、通院して来なくなった患者の家に押し掛け診療をしたり。

患者側は迷惑な顔をしますが、ソンホは患者の健康を守るため嫌がられても診察する、いいお医者さんなんです。

医院の庭を手入れするためにと、ハナをガーデナーとして雇い入れ、住まわせます。

なんだかハナに気がある様子…?

ソ・イングク/チャンモ役

ソ・イングク/チャンモ役

引用元:公式サイト

1970

韓国大学法学科に通うチャンモは、3人の中では一番のお調子者です。

イナやドンウクと違って、地方出身の貧乏学生のドンウクは、イナの家に住んでいます。

イナの一番近くに居るだけに、一番始めにイナとユニの関係に気がついて、ドンウクにバレないように気を使います。

チョン・ジニョン/ソ・イナ(50代)役

チョン・ジニョン/ソ・イナ役

※右の男性です。

ジュンの父親のイナは、学生時代からの付き合いのへジョンと結婚しました。

そしてジュンが生まれましたが、イナの心の中には突然別れてしまったユニがずっと居ました。

現在はへジョンと離婚し、大学教授を勤めながらひとりで暮らしています。

ユニと再会して今度こそ一緒になろうと、必死にユニを口説き落とします。

しかし、ジュンとハナの仲を自分達が邪魔していることに気がついて、ユニと別れようとしますが、ユニの病気が発覚して、やはりユニとは別れず力になろうとします。

けれどユニもジュンとハナの関係を知ってしまい…。        

イ・ミスク/キム・ユニ(50代)役

イ・ミスク/キム・ユニ役

※右の女性です。

ハナの母親のユニは、大学時代にイナと付き合いましたが、結核の症状が日に日にひどくなり、イナと別れて外国へ治療に行きます。

ハナの父親と結婚しますが、死別してしまい、女手ひとつでハナを育てました。

50代になって植物園で働き静かに暮らしていたところ、イナに再会してふたたび恋をします

ところが、幸せな日々は一転、ユニは徐々に力が失われ始めてしまいます。

キム・ヨングァン/ハン・テソン役

キム・ヨングァン/ハン・テソン役

引用元:公式サイト

ハナの先輩で初恋の人です。

ハナと一緒にガーデナーとして働いて、ハナとは似合いのカップルでした。

周りもハナもふたりは相思相愛だと思っていましたが、許嫁が居ることが判明します。

そしてハナにすべてを打ち明けて振ってしまいます。

テソンに振られて傷心のハナは、ジュンと付き合い始めました。

しかしテソンは、ハナのことが気になってジュンと恋のライバルになります。

ジュンも母親が大企業の御曹司、テソンも実は御曹司だったという事実。

ハナってどれだけラッキーなのでしょう、どっちに転んでも玉の輿決定です!うらやましい!!

イ・チャンホ/チャンス役

イ・チャンホ/チャンス役

引用元:公式サイト

ハナとテソンと一緒に北海道でガーデニングの勉強をしているチャンスはとっても優しい性格です。

テソンと共に、北海道ではハナとジュンのスマホのやりとりに振り回されて、あっちへこっちへ走りまわらされましたが、研修先に届けるためにずっと鉢植えを大事に抱えて歩いていたという姿にはほっこりです。

ソン・ウンソ/ペク・へジョン役

ソン・ウンソ/ペク・へジョン役

引用元:公式サイト

1970

ユニの友達で韓国大学家政科の学生です。

おしゃれで美人のへジョンは、イナのことが気に入っていてドンウクと知り合いだったことから、合コンに参加して、イナと付き合い始めますがイナはユニのことが好きで、へジョンには冷たい態度でした。

そしてユニにイナを奪われたへジョンは、一度イナと別れてしまいますが、ユニが消えた後再びイナと交際し結婚します。

二人にはジュンが生まれますが、イナはずっとユニを想っていて離婚してしまいます。

2012

再びイナとユニが結婚しようとしていること、大人になったジュンが連れてきた彼女がユニの娘のハナだったことで極端に交際を反対します。

しかし、いままで冷たかったジュンがハナの影響で優しくなって親孝行をするようになります。

頑なだったへジョンも段々ハナを認め始めて…ついに。

ファン・ボラ/インスク

ファン・ボラ/インスク役

引用元:公式サイト

1970

ユニの友達で韓国大学家政科の学生です。

ユニとは違って裕福な家庭のインスクは、おしゃれで最先端の洋服を身に着けています。

音楽喫茶で人気だったイナのことを追いかけますが、その後合コンで知り合ったチャンモに夢中になって、ものすごいアピールでチャンモを振り向かせます。

今で言うとレトロ、70年代の最先端ファッションがキュートなインスクです。

スポンサーリンク

ラブレインキャスト相関図まとめ

若い頃に離れ離れになってしまった二人が、時を経てもう一度巡り合って再び愛し合うラブストーリー。

それだけではないのが、この「ラブレイン」です。

一緒になれなかったふたりはそれぞれ別の人と結婚して、子供をもうけますがその子供たちが偶然出会って惹かれ合います。

ふたりの親が恋人同士で結婚するとなれば二人は兄妹になってしまう…。

幸せ絶頂の中、どちらかが諦めなければいけない現実が迫って来ますが、どちらも別れたくない!

チャン・グンソク/ソ・ジュン役 ユナ/チョン・ハナ役

複雑ですね。

しかし、長い間自分の母親を苦しめてきた父の「初恋」がハナの母親だと知ったジュンは、自分が諦めることを決意します。

ハナに何も言わずに突然冷たい態度を取り始めるジュン。

ハナは大好きなジュンの態度の変わり様に驚くけれど、別れまいと必死に努力して健気です。

愛しているのに一緒になれない…まるで現代版ロミオとジュリエットのようなふたりの恋に泣かされるます!

さらに、親子の絆についても考えさせられて感動~!

泣きたいあなたにおススメのドラマです。

⇒現代版ロミジュリの衝撃の結末は…?