魔女の恋愛

魔女の恋愛全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

魔女の恋愛全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

主人公ジヨンは39歳カレシなしのアラフォー社員で、世に言うお局様です。

仕事は出来るのですが、厳しすぎていつもみんなをやり込めるので、職場では「魔女」と呼ばれて嫌われています。

でも、そんなことなど一切気にせず、ジヨンは仕事一筋の毎日。

とても充実しているように見えますが、母親はなんとかジヨンを結婚させようとがんばっています。

結婚、結婚と言われてうんざりしていたジヨンの前に現れたのは、14歳も年下でフリーターのドンハ。

ひょんな出会いから偶然に偶然が重なって、二人の距離は徐々に親密になりますが、14歳も年が離れている上に、女性の方が年上だという壁が立ちふさがります。

そんな時、6年間も音沙汰がなかった元婚約者が戻ってきて、ジヨンの恋模様はとたんに騒がしくなってきます。

年下彼氏か?戻ってきた婚約者か?ジヨンはどちらを選択するのでしょうか。

アラフォー女子の最後の恋?かわいい年下男子にキュンとするラブコメディー「魔女の恋愛」の相関図から全キャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

魔女の恋愛全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

オム・ジョンファ/パン・ジヨン役

オム・ジョンファ/パン・ジヨン役

たとえ女性でも、スクープのためならなりふり構わないジヨンは39歳

ゴシップ週刊誌「トラブルメーカー」の敏腕記者で、調査報道チームのチーム長をしています。

自分にも他人にも、特に仕事に厳しいジヨンは、意図せず人に強く当たってしまうので、社員たちに嫌われて魔女と呼ばれています。

そんなジヨンの元に、”国民的俳優のキム・ジョンドの隠し子が通う学校にジョンドが現れる”という情報が入り、ジヨンは大慌て。

〇十年前の制服姿になって、特ダネを抑えます。

特ダネを手にして一刻も早く自社会議に駆け付けたいジヨンは、目に入った自転車を強奪して現場に向かいます。

それを追うのは自転車の持ち主で、サンタ姿のドンハでした。

オム・ジョンファ/パン・ジヨン役

制服姿のジヨンとサンタ姿のドンハが出会うというとても奇妙な出会い方をしたジヨンとドンハ。

自転車を盗んだ、お金を払ったから盗んでいないと揉めて、最悪の出会いです。

ジヨンは会社のみんなとワインバーに出かけることになりましたが、部下たちはジヨンへの日頃の仕返しに、キスイベントで、キスを断られるという屈辱を味わせてやろうと企みます。

相手役に選んだのは「バイトの達人」と、いうなんでもやってくれる業者。

しかも相手はドンハの親友でプレイボーイのスチョルだったのです。

そうとは知らないジヨンは、お酒が入ったこともあってイケメンスチョルとキス寸前♡

でもその瞬間、スチョルが笑いだして、ネタ晴らし。

恥ずかしくて悔しくて、いつも強くて魔女と呼ばれているジヨンの目に、涙が浮かび始めます。

そんな様子を見ていたスチョルの親友で一緒に「バイトの達人」をやっているドンハがおもむろに立ち上がりジヨンの元へ動き出します。

パク・ソジュン/ユン・ドンハ役

パク・ソジュン/ユン・ドンハ役

バイトの達人で、フリーターをしているドンハ。

自転車を盗まれたことでジヨンと知り合いますが、その後もあちこちでジヨンと出くわしてはトラブルに巻き込まれます。

ドンハは、とある理由から医大を休学して家を出て、スチョル家に居候してバイト生活をしています。

心優しいドンハは、誰にでも献身的で、困っている人は助けずに居られない性格。

ジヨンが、スチョルのせいで恥をかきそうになっているところを見るに見かねて、サッと現れてキスをして、ワインをゲット!

そこでジヨンを助けたことからふたりの恋愛が始まります。

その後、魔女への制裁に失敗したトラブルメーカーの社員たちが、バイトの達人のデマを流してバイトの達人は存続の危機を迎えます。

抗議に行ったドンハは、その損害を就職で補ってもらうことになり、ジヨンの部下として働き始めて、ジヨンの仕事も私生活もサポートしていくうちに、ドンハはジヨンに、ジヨンはドンハに、なくてはならない存在になります。

でも、そんな時ジヨンの元婚約者のシフンが、6年越しに戻ってきました。

突然消えて戻ってきたシフンに迫られて、気持ちが揺れたジヨンは最終的にシフンとやり直すことに…。

その後ドンハはジヨンが忘れられなくて苦しみます。

ジヨンを取り戻したいけれど、自分より彼女に見合った年齢、スペックを持っているシフンと居る方がジヨンのためになるのでは?

と思い踏み出せずにいるところが、なんだか切ないです。

以前行ったワインバーで、またイベントがあってキスをしろとはやし立てられた時に「この人には恋人が居るんで…」と、引き下がるところがまた切ない。

かわいくて切なくて、キュンキュンさせられる年下男子のジェハです。

ハン・ジェソク/ノ・シフン役

ノ・シフン/ハン・ジェソク役

6年前突然消えたジヨンの元婚約者のシフン

消えた6年の間は外国に居て、一流の写真家になって韓国に帰国してきました。

そしてジヨンに会い、また付き合うことになりますが、いくら理由があったにせよ6年も音信不通だなんてあ・り・え・な・い!

一流の写真家になれる時間があったのなら、ジヨンに連絡する10分くらい取れたんじゃ?と、思ってしまいます。

ジヨンは昔のことを思い出して、元に戻ろうとしますが見ているこっちは絶対反対でした。

このシフンの登場によって、せっかくいい感じだったドンハが追いやられる羽目になって、急に帰ってきて、勝手でムカつくやつだなぁ…。

と、思いましたが、ジヨンの揺れる気持ちを察して結婚寸前で破談にするというかっこいい大人の対応で、自ら身を引いたシフン。

とにかくよかった…個人的にはそれで正解!と喜んでしまいました。

なにはともあれ6年は長いよ…さすがに長すぎだよ…、なシフンです。

ヤン・ヒギョン/チェ・ジョンスク役

※右画像の真ん中の女性です。

ジヨンの母親ジョンスクさん。

ザ・韓国のお母さんなジョンスクは、行き遅れた娘を結婚させるために必死で怪しい占いに通ったり、勝手に婚活の会に入会したりと必死です。

そんなうるさいお母さんを静かにさせようと、ドンハと付き合っている!と、とっさに宣言してしまったジヨン。

そのひとことに喜んで、すぐにドンハに「ミスターユン」とあだ名をつけて呼び出すあたり、めちゃくちゃお茶目なお母さんです。

娘のことで行き来するうちに、お母さん自身がトラブルメーカーの代表に恋をしちゃってウキウキしながらデートしたり、ウキウキしているのにデート中に頭の中で、社長を値踏みするところもやけに冷静でまたお茶目。

とってもお茶目なジヨンのお母さんのジョンスクです。

ラ・ミラン/ペク・ナレ役

ラ・ミラン/ペク・ナレ役

引用元:公式サイト

性格がキツくて嫌われ者の魔女ジヨンの唯一の友達のナレ。

旦那さんとふたりでおでんバーを営んでいます。

どんなにジヨンがキツイ言葉を放っても、どんなにけなしても、まったく応えずジヨンを愛してくれるナレ。

ナレが男性だったらジヨンと上手くいくんじゃないかな?と思いました。

おでん屋さんは順調で、旦那さんともラブラブですが、妊娠してからわがままを言い過ぎて、旦那さんがテンションダウン。

それを聞いて謝るのかと思いきや、ジヨンの家に家出という必殺技を使います。

ここで、さすが!ジヨンの親友だ!!と納得してしまいました。

イ・セチャン/カン・ミング役

ジヨンの唯一の親友ナレの旦那さんのミング

とっても優しくて、働き者で、ナレのことが大好きな100点満点の旦那さんです。

ふたりで経営するおでんバーも繁盛していて連日大盛況!

そんな時にナレの妊娠が分かって大喜びで尽くすミングは、つわりで苦しむナレが食べたいというものは、どんなに遠くても、どんなに早朝でも買いに行きます。

しかし、いざ買って戻るとナレはもう食べたくないと言うことが続いて、ナレの居ないところでドンハに愚痴ってしまいます。

それをナレに聞かれて、ナレはジヨンの家に家出しますが、一向に迎えに行く気配がなくて、あれ?あんなにラブラブだったのにどうして?と思っていると…。

家にいない方がナレが休めるから。という理由で迎えに行かなかったという~!

どれだけ優男なの~!?と最高の夫のミングです。

サヒ/ホン・チェヒ役

シフンの写真家としての仕事のサポートをしている助手のチェヒですが、シフンが長い間ジヨンと連絡を取れなかったことに関与している模様…。

そうです…チェヒはシフンのことが好きなんです。

でも韓国に戻るなり、ジヨン、ジヨンなシフンに嫉妬して、仕事を作って韓国を離れようとしたり、シフンに告白めいたことをしてみますが、シフンにはまったくその気がないという悲しい立場です。

結果的にジヨンと別れることになったシフン。

きっとそのあとこのチェヒが恋人の座に収まったのでは?と思います。

ユン・ヒョンミン/ヨン・スチョル役

ユン・ヒョンミン/ヨン・スチョル役

ドンハの親友のスチョル。

ドンハと一緒に「バイトの達人」を運営していました。

その中の依頼で、ジヨンにひどいことをしたので、ジヨンのことを「おねえさま」と呼んで頭があがりません。

ドンハの元恋人ヨンチェとドンハのことを、ジヨンに迫られて教えたり、ドラマ内では良い仕事をする担当です。

実は御曹司だったスチョルは、超プレイボーイなのですが、帰国してきたヨンチェの妹ウンチェのことを好きなってしまいます。

ウンチェとなんとか付き合いたいと思ってがんばりますが、ウンチェはスチョルのことを「兄」としか思っていないと一蹴されてしまいます。

プレイボーイが一転、「兄」を脱却してウンチェの恋人になりたいスチョルの一途な恋が見どころです。

チン・イェソル/チョン・ヨンチェ役

ドンハの元恋人のヨンチェ。

元々心臓が悪かったヨンチェはある日交通事故に遭い、急患で運ばれます。

運ばれた先はドンハの父親の病院で、偶然ドンハの父親が処置をすることになりましたが、助かる見込みのないヨンチェを捨てて事故の加害者の方を優先して手術をし、加害者側が命を取り留めて、ヨンチェが亡くなってしまいました。

それ以来ドンハと父親は険悪になって、ドンハは大学を休学して家を出てスチョルの家に住むという展開になったわけです。

心臓のこともあって、いつかは自分が先に逝くと悟っていたヨンチェがドンハに最後にプレゼントしたのは鉢植えのヒヤシンス

ヨンチェが亡くなってヒヤシンスは枯れてしまいましたが、枯れたヒヤシンスをドンハは大切に持っています。

どうして枯れたヒヤシンスを大事にしているのか気になったジヨンは、スチョルからヒヤシンスの件を聞き、植物学者に再び花を咲かせる方法を教えてもらって実行しますが、勝手に触るな!と、ドンハはキレてしまいます。

でもヨンチェがヒヤシンスに込めた思いは、また花が咲いたら自分を忘れて次の恋をして前に進んで欲しいというものでした。

いつかは自分が先に逝くと思ってそんなプレゼントをしたヨンチェ…天国でジヨンとドンハのことを見ているに違いありませんね。

チョン・ヨンジュ/チョン・ウンチェ役

チョン・ヨンジュ/チョン・ウンチェ役

引用元:公式サイト

トラブルメーカーの新入社員のウンチェは、ジヨンの部下になります。

留学していて最近帰国したばかりのウンチェは、本人も知らなかったのですが、ドンハの亡くなった恋人ヨンチェの実の妹です。

仕事をしていくうちに優しいドンハに惹かれますが、ドンハは亡くなった姉の恋人だったと言うことが判明してびっくり。

留学中に起きたことだから知らなかったとはいえ、姉妹は同じ人に惹かれてしまうのか?でも、そんなことありうるかも…と思えました。

その後はドンハを諦めて、仕事に一生懸命。

うるさく言い寄ってくるスチョルをかわしながら一人前の記者になるために頑張ってトラブルメーカーで働いています。

ユン・ジュンソン/ソン・ヨンシク役

ジヨンと一緒に行動するカメラマンのヨンシク。

学校に潜入するために、一緒に制服姿になったり、とばっちりでケガをしたり有無を言わせずジヨンに引っ張られてあちらこちらへ…。

魔女ジヨンの厳しい魔女姿を一番目の当たりにしている同僚だと思います。

一応他の社員とも仲が良いのですが、ヨンシクだけはジヨンの味方です。

チュ・ジンモ/クォン・ヒョンソプ役

チュ・ジンモ/クォン・ヒョンソプ役

トラブルメーカーの代表のヒョンソは、仕事ができるジヨンのことがお気に入りです。

危ないながらも特ダネのために一生懸命働くジヨンを褒めて、他の社員と比べるので他の社員がますますジヨンを妬んでしまう原因を作っている張本人です。

きっちしていて、でもちょっと変わっているヒョンソプ。

ジヨンを訪ねて度々会社を訪れるジヨンの母ジョンスクに恋されてしまいますが、代表もまんざらではない様子で何度かデートをしたりして、熟年の恋をおもしろく見せてくれます。

ちなみに、バツイチで、元嫁はきれいな女優だったということです(劇中には登場しません)。

カン・ソンジン/ピョン・ソッキ役

ジヨンのことを目の敵にしているジヨンの同僚ソッキ

他の社員チャンミンやリンジを率いて魔女ことジヨンをやっつけようといつも企んでいます。

なぜそこまでジヨンを目の敵にするのか?というと…。

ジヨンが入社してきた当時、若くてファッショナブルなジヨンがキラキラして見えて、恋心を抱いたソッキですが、あっけなく振られたうえに、仕事でもジヨンにかなわず、現在まで負け続き。

そんな因縁からジヨンことを「魔女」と呼んで、いつか懲らしめてやろうと考えているんです。

ワインバーでの一件も、このソッキたちのしわざでしたが、結果的にジヨンとドンハの恋のキューピットになってしまったソッキです。

シン・スハン/ナム・チャンミン役

※左の男性です。

トラブルメーカーの社員、チャンミンはソッキの部下です。

ソッキやリンジと組んで、いつも偉そうにしている(本当に偉い上司なのですが)ジヨンが気に入らなくて、やっつけたくて、うずうずしていますが、いつも3人セットでジヨンにやられてしまいます。

ドンハが働く前は同じ記者なのに、ジヨンに朝ご飯を用意して!とマネージャー扱いされていました。

ガウォン/オ・リンジ役

こちらのリンジもチャンミンと同じく、ソッキの部下です。

3人セットでジヨンに挑んでは負けての繰り返し。

ドンハが来る前は膨大な量の資料を調べろと有無を言わさず状態でジヨンに命令されて、しぶしぶ従っていました。

スポンサーリンク

魔女の恋愛全キャストと相関図まとめ

魔女の恋愛全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

恋愛から遠ざかっていた39歳の女性に突然25歳のカレシができちゃったら…?

14歳もの年が離れたカップルの大人の恋愛ストーリーに、ところどころコメディーがちりばめられているドラマ魔女の恋愛。

ピュアで一途なドンハが主人公のジヨンにする行動の数々は、ジヨンだけではなくて見ている視聴者もキュンキュンさせられて、心臓が爆発しそうです!

最近なんだか楽しくないなぁ…キュンとさせられることなんてないなぁ…という方にはおすすめの胸キュン多めのドラマとなっております。

年下男子ドンハが繰り出す初々しい恋に徐々にハマる年上女性ジヨンを、自分に置き換えて視聴すると、とても楽しめると思います。

全編超かわいいパク・ソジュンが堪能できるとにかく胸キュンいっぱいのラブコメディードラマ魔女の恋愛。

胸キュンドラマが大好きな方におすすめです!