お昼12時のシンデレラ

お昼12時のシンデレラ全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

お昼12時のシンデレラ全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

お昼12時のシンデレラは、100チャンネル以上ある中国テレビ界の中で、同時間帯視聴率NO.1となったドラマです。

また、平凡なOLがあることをきっかけに、大企業の社長恋愛を繰り広げていくシンデレラストリーでもあります。

大企業である、風騰(フォントン)グループに就職し、憧れの上海生活を始めたヒロインのシャンシャンには、大人気時代劇“後宮の涙”に出演し、高視聴率女王との呼び声が高い、チャオ・リーインが演じます。

チャオ・リーインは、演技力でも高い評価を得、2014年に人気女優賞を受賞しています。

そしてこのドラマでは、史上最も萌えカワイイ女優と称され、シャンシャンの特徴でもあった太い眉が人気となり、太眉ブームを引き起こしました。

小動物のような佇まいと、表現に注目です。

そんなシャンシャンに、冷たい態度で接しながらも、徐々に惹かれていくツンデレ御曹司フォン・トンには、中華圏ポータルサイトで“男性芸能人ランキング”に堂々の第1位となった、人気若手俳優、チャン・ハンが演じます。

アジアで大ヒット作となった“シンデレラの法則”で癒し系キャラクターとは打って変わって、今作ではツンデレ全快、クールなキャラクターを好演しています。

また、上記で紹介の“シンデレラの法則”の脚本家チームが手掛ける作品でもあるため、胸キュン要素たっぷりのラボコメディとなっています。

そんな胸キュンシンデレラストーリー、お昼12時のシンデレラの相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

お昼12時のシンデレラ全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

 

チャオ・リーイン/シャンシャン役

  チャオ・リーイン/シャンシャン役

引用元:公式サイト

風騰グループ社員。

大企業である風騰グループに就職が決まり、憧れの上海生活をしていたシャンシャンは、真夜中に病院に呼び出されるところからドラマが始まります。

その病院には、風騰グループの社長であるフォン・トンが待っており、フォン・トンの妹であるユエが出産で輸血が必要であり、AB型Rhマイナスであるシャンシャンに輸血をすることになります。

有名大学出身でないシャンシャンが大企業に就職できたのは、シャンシャンがAB型Rhマイナスの血液型だったからということが判明します。

シャンシャンは契約社員として財務部に在籍していますが、部ではお荷物扱いをされ、一時は会社を辞めようかと悩みますが、前向きに自分を貫いて頑張ろうと決めます。

チャオ・リーイン/シャンシャン役

ですが、部署の女性社員からはコネ入社の疑いをかけられ、シャンシャンへの風当たりは強いものでした。

さらに、社長からシャンシャンへ毎日お弁当が届けられるようにんなったり、社長と一緒にランチを食べるようになったことでシャンシャンは社内でさらに注目を浴びるようになります。

実は、フォン・トンには好き嫌いが多いため、お弁当に入っている野菜を抜き取る作業をさせられていたのでした。

最初こそ、冷たいフォン・トンが苦手なシャンシャンですが、次第にフォン・トンのことが気になり出します。

大晦日の夜、フォン・トンに抱きしめられたり、一緒にいる時間の多いシャンシャンですが特に告白される訳でもなく、どうしていいかわからないシャンシャンですが、会社の忘年会の時に2人の関係は動き出します。

チャオ・リーイン/シャンシャン役

フォン・トンが挨拶に回る際の乾杯の代役で、たくさんのお酒を飲んだシャンシャンは、フォン・トンが別の女性とダンスをしているのを見て、帰ろうと外に出ます。

するとすぐに、フォン・トンから電話がかかって来て、フォン・トンに送ってもらうことになります。

その帰り道、シャンシャンは2人の関係性についてフォン・トンに話を切り出しますが、言葉でははっきりしませんでしたが、フォントンからキスをされ、良い雰囲気にはなるのでした。

この時、付き合うということにはならなかった2人ですが、春節にフォン・トンの旧宅で過ごすことになったシャンシャンはこの時、恋人としてスタートさせることになります。

しかし、幸せのはずが周りからの情報やフォン・トンの気持ちがわからないシャンシャンは、フォン・トンから別れを切り出されるのではないかと覚悟をします。

チャオ・リーイン/シャンシャン役

この時、フォン・トンがヴァレンタインを祝わないということも、シャンシャンとの間での問題となっていました。

しかし、フォン・トンからヴァレンタインを祝わない理由を聞いたシャンシャンは、ヴァレンタインの日以外の全ての日をヴァレンタインの日のように過ごしたいとフォン・トンに伝えるのでした。

そしてこの時、フォン・トンから「愛してる」と気持ちをはっきり伝えてもらうのでした。

フォン・トンと結ばれて、幸せいっぱいのシャンシャンですが、自分と家柄も良く、何もかも完璧なフォン・トンとの差を感じてしまうシャンシャンは会計士の資格を取ろうと決意します。

チャオ・リーイン/シャンシャン役

こんな可愛い姿で、決めたことがあるなんて言われたら、反対はできないですよね。

シャンシャンは小動物みたいで、愛嬌があって可愛い印象でしたが、フォン・トンと関わるようになって、綺麗になると共に、フォン・トンの力に甘えずに自立していく姿も魅力的でした。

何もかもが完璧なフォン・トンを好きになってしまった以上、フォン・トンに近く女性にヤキモキしたり、悩んだりします。

でも、フォン・トンと一緒にいる時は、最高の自分であれば大丈夫と前向きな気持ちでいられるシャンシャンの強さが見ていて応援したくなる要素なのかもしれません。

チャン・ハン/フォン・トン役

チャン・ハン/フォン・トン役

引用元:公式サイト

風騰グループ社長。

ルックス実力家柄も良く、全てが揃った男性です。

また、クールなキャラクターで自分の気持ちを口にしないどころか、表情にも出しません。

そんなフォン・トンがいる社長室の外には、社員が行き来できるベランダがありました。

社長室からは丸見えなのですが、外からは見えない状態です。

その状況を知らないシャンシャンが、たまにそこに訪れ、お弁当を食べたり、ダンスを踊ったりしている様子を、フォン・トンは微笑ましく見ています。

チャン・ハン/フォン・トン役

フォン・トンはそんなシャンシャンと社長室に呼んでは、弁当の嫌いな野菜を取り分けさせたり、妹の息子の生後1ヶ月のお祝いの場にシャンシャンと呼んだりと、シャンシャンと一緒に過ごす時間が増えていきます。

フォン・トンのことを良く知るジョン・チーからは、フォン・トンはシャンシャンを気に入っていると思われています。

シャンシャンについて話ている場面もありますが、シャンシャンに対して素直な気持ちを伝えることはありません。

大晦日の夜にシャンシャンとカウントダウンの花火を見た時に、突然シャンシャンを抱き寄せたり、シャンシャンを自宅に送り届けたり、シャンシャンに対する行動はシャンシャンのことが好きとしか思えません

シャンシャンにプレゼントしたフランス製の化粧品に書いてあるフランス語がわからないと尋ねて来たシャンシャンに、こんな風に接近します。

チャン・ハン/フォン・トン役

ドラマを見ていると、あれ?この2人ってもう交際している?という錯覚に陥ります。

なんと言っても、フォン・トンのシャンシャンに対するスキンシップが凄いからです。

ただ、立場からなのか、ただの頑固でプライドが高いからなのか、シャンシャンが僕の事を好きなんでしょという態度が強くて、見ててクスッと笑ってしまいます。

まさしくツンデレという言葉はフォン・トンのためにあるように思えて来るほど、シャンシャンが好きで好きでたまらないところが後半は多くなっていきます。

リー・チョンユアン/リーシュー役

リー・チョンユアン/リーシュー役

引用元:公式サイト

麗書店のオーナー。

フォン・トン、ユエ、そしてジョン・チーと幼なじみで、特にフォン家とは家族のように過ごして来ました。

フォン・トンからは妹としてしか見てもらえていませんが、リーシューは一途にフォン・トンを思い続けていました。

風騰グループの行事にユエと共に参加した際、シャンシャンの存在を気にかけます。

そして、フォン・トンとシャンシャンが交際し始めるとショックを受けつつも、シャンシャンを牽制し始めるのでした。

知的で、品のある素敵な女性ではありますが、恋をすると執着し、ずる賢くなる裏の顔を持ち合わせています。

ホアン・ミン/ジョン・チー役

ホアン・ミン/ジョン・チー役

引用元:公式サイト

風騰グループ製品開発部。

フォン・トンと幼なじみで、フォン・トンの事を一番良く知る存在です。

ジョン・チーは、ルックスもさることながら、人当たりも良いので社内の女性からも人気があります。

そして、自分たちと関わったことで、会社での立場が悪くなったシャンシャンを支えます。

そんな様子を、フォン・トンが目撃して嫉妬するわけです。

当のジョン・チーは、リーシューが好きなので、フォン・トンが好きなリーシューを見て複雑な気持ちになるのでした。

わかっていながら、リーシューにアプローチするジョン・チーは男らしかったと思います。

チャンヤン・グオアル/フォン・ユエ役

チャンヤン・グオアル/フォン・ユエ役

引用元:公式サイト

フォン・トンの妹。

フォン・トンとシャンシャンと引き合わせることとなった人物です。

ユエの血液型がAB型Rhマイナスであったため、風騰グループでは暗黙の了解で同じ血液型の人物を採用していました。

出産の時に出血が多かったため、突如呼び出されたのがシャンシャンなのでした。

そしてシャンシャンにお礼の気持ちとして、シャンシャンにお弁当を届けるようにしたことで、フォン・トンとシャンシャンの関係が深まっていくのでした。

いつまでも独身でいるフォン・トンが心配で、自分の友人たちを引き合わせようと少しお節介なところがあります。

スポンサーリンク

お昼12時のシンデレラ全キャストと相関図まとめ

お昼12時のシンデレラ全キャストと相関図まとめ

お昼12時のシンデレラは、タイトル通り平凡なOLとツンデレイケメン社長が繰り広げるシンデレラ・ラブストーリーです。

なんの取り柄もないシャンシャンの血液型がAB型Rhマイナスであったために、大企業に就職がきまり、社長と恋に発展していくという物語です。

そして、シャンシャンは家柄の良いフォン・トンとの差を感じながらも、フォン・トンの横にいてもおかしくない女性でいようと、努力し成長していく様子が可愛らしく、見所でもあります。

また、登場人物の紹介には出て来ていませんが、フォン・トンの妹であるユエの旦那さんイェン・チンの存在が、シャンシャンを応援する役所として非常に好感が持てました。

彼もまた、家柄の良いユエと結婚した平凡な社員だったため、シャンシャンの気持ちを理解し、シャンシャンを応援します。

そして、フォン・トンにもアドバイスするなど、2人の仲を見守るキーパーソンであったのではないかと思います。

シャンシャンとフォン・トンが結ばれてから、いくつかの壁は立ちはだかりますが、ラブラブであることが多いこのドラマは見ていて微笑ましいです。

そんなシンデレララブストーリー、お昼12時のシンデレラをぜひご覧ください!!