応答せよ1997

応答せよ1997全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

応答せよ1997全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

韓国5000万人が夢中になった初恋の行方…。

学生時代を過ごした1997年と、2012年の現在を行き来きしながらユーモラスに描いた大ヒットラブストーリー♪

高校の同窓会でソウル市内の居酒屋に集まった30代の男女、懐かしい顔ぶれに、昔の話に花が咲きます。

この場で結婚を発表する二人…、いったいどのカップルでしょうか?

その真相を解き明かすべく、物語は彼らが高校生だった1997年の釜山にさかのぼります。

18歳のチョン・ウジン演じるン・シウォンはアイドルグループH.O.Tのトニー・アンの大ファンで、毎日トニーことばかり考えています。

一方、幼い頃に両親を亡くしたユン兄弟は、両親の親友であるシウォンの父母の世話になりながら育てられます。

兄テウンと二人暮らしの弟のソ・イングク演じるユン・ユンジェは常に成績トップで運動神経も良く、イケメンで非の打ちどころがない完璧な男の子。

会えば喧嘩ばかりしている、シウォンとユンジェですが、いつの間にかユンジェはシウォンに恋心を抱きます。

しかし、シウォンはトニーの追っかけに夢中で現実の男の子には全く興味がありません。

ある日、親友ユジョンからユンジェに告白したことを知らされます…。

当時の青春を懐かしむ現代と若かりし日々が交錯するそんな、ノスタルジーなラブコメディー「応答せよ1997」の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

応答せよ1997全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

ソ・イングク/ユン・ユンジェ役

ソ・イングク/ユン・ユンジェ役

引用:公式サイト

シウォンの幼なじみで現在は判事。

幼い頃に両親を亡くし、隣りに住む両親と親友だったシウォンの両親のお世話になりながら兄テウンと二人暮らし。

幼馴染のシウォンが大好きですが、気持ちをうまく伝えられません。

現在33歳のユンジェは「釜山広安高校第38回同窓会」で同級生たちと久しぶりに会います。

同窓会の前に恩師の葬儀があり、一緒に参加した友人ハクチャン、ソンジェ、ジュ二と一緒に同窓会の会場に向かいます。

ソ・イングク/ユン・ユンジェ役

会場の居酒屋に着くと、ユンジェは先に来ていたシウォンに太ったか?と声をかけます。

実はこの同窓会で1組のカップルが結婚の発表をします。

たわいもの無い会話をしながら時代は遡り、18歳の高校時代に戻ります。

ユンジェの18歳の誕生日、兄テウンからTシャツをプレゼントされます。

そのTシャツを着たユンジェにシウォンは本物だと言い、ユンジェは喜びます。

実は毎年ブランドの偽物のTシャツやリュックをプレゼントされ、今年も偽物かもと訝しげていたので、喜ぶユンジェでしたが、後々、偽物だと発覚します。

そして毎年シウォンからの誕生日プレゼントは緑の「クーポン券」を貰います。

お金の無いシウォンから毎年貰うプレゼントで、11歳の時に両親を亡くした時には「体を張って笑わせる」券を使い、15歳の中学の卒業式ではシウォンの両親に参加してもらう「両親1日レンタル」券を使いました。

今年は無条件に願いを聞くのクーポン券をプレゼントされます。

お金以外ならなんでも願い事を聞いてくれるというシフォンにユンジェは喜びます。

ある日、帰宅するシウォンと玄関の前で鉢合わせしたユンジェですが、ユジョンから告白されたとシウォンに伝えます。

どうしたらいいかとシウォンに聞きますが、逆にあんたはどうしたいのかと聞かれます。

付き合うのをやめようかと沈黙するシウォンに聞き、無条件に願いを聞くクーポン券を渡します。

付き合うなと言ってくれという願い事をシウォンに言います。

このシーンは胸キュン間違えなしです!!!!

さて、シウォンはなんと答えたのでしょうか?

翌日、何事もなかったようにシウォンの部屋へ行くユンジェ。

シウォンの部屋で貸していたフロッピーディスク返してもらおうと探しますが、見つかりません。

中々見つからず、シウォンを呼びますが、こんな小さなカバンから探し出せないなんてと文句を言われます。

次々とカバンの中の物を渡されますが、生理用ナプキンを渡され固まります。

ソ・イングク/ユン・ユンジェ役

気まずいユンジェは部屋を出て行ってしまいます。

幼いころから一緒にいた男の子と女の子。

いつしか大きくなって、ユンジェのシウォンへの気持ちはどんどん大きくなっていきますが、シウォンは相変わらずでユンジェの気持ちに鈍感で理解できずにいます。

ユンジェは判事になるのが夢で、そのためソウル大学に進学することを決めます。

試験が終わったらシウォンに告白しようと誓います。

ユンジェの恋は実るのでしょうか?

チョン・ウジン(A Pink)/ソン・シウォン役

チョン・ウジン(A Pink)/ソン・シウォン役

引用:公式サイト

「H.O.T」トニーの熱狂的なファンで現在は放送作家。

18歳頃、アイドルに夢中で、部屋には彼らのポスターが貼られ、アイドル漬けの毎日を送っていました。

幼馴染のユンジェとはいつもケンカばかり、ある日、親友のユジョンからユンジェに告白したと告げられます。

そんなことを聞かされても、ピンとこないシウォン。

トニーを追っかけるのに一生懸命で恋や愛など全く興味を示しません。

しかし、ユンジェの兄テウンから告白された事をきっかけに、シウォンの気持ちが変化していきます。

高校の卒業式、ソウルの大学に通う事が決まったユンジェから告白をされます。

鈍感なシウォンはどう答えたのでしょうか?

兄を選んだ?

それともユンジェを選んだのでしょうか?

ホヤ(INFINITE)/カン・ジュ二役

ホヤ(INFINITE)/カン・ジュ二役

引用:公式サイト

ユンジェとシウォンの高校の同級生で現在は医師。

高校時代、親友のユンジェに思いを寄せていましたが、その事実を知っているのはシウォンだけです。

しかし、ある事がきっかけでジョ二の思いをユンジェが知ることになります。

イ・シオン/パン・ソンジェ役

イ・シオン/パン・ソンジェ役

引用:公式サイト

ユンジェとシウォンの高校の同級生で現在は保険設計士。

いつの時代もお調子者で、噂好きでムードメーカー。

ウン・ジウォン/ト・ハクチャン役

ウン・ジウォン/ト・ハクチャン役

引用:公式サイト

ユンジェとシウォンの高校の同級生。

高校生の時にソウルから釜山に転校してきます。

アダルト動画の収集マニアでそれがきっかけでユンジェたち男子と仲良くなります。

シン・ソユル/モ・ユジョン役

シン・ソユル/モ・ユジョン役

引用:公式サイト

ユンジェとシウォンの高校の同級生で現在は幼稚園の先生。

高校生の頃、ユンジェに告白しますが振られてしまいます。

ハクチャンに慰めてもらううち、仲良くなります。

ソン・ジョンホ/ユン・テウン役

ソン・ジョンホ/ユン・テウン役

引用:公式サイト

ユンジェの兄でシウォンの高校時代の担任。

高校時代は地元でも有名な秀才でしたが、なぜか高校の数学の講師をしています。

ソンジュが亡くなり悲しみに暮れていましたが、シウォンのことを好きになり、高校を卒業したら付き合おうと伝えます。

イェウォン(Jewelry)/ソン・ソンジュ役

イェウォン(Jewelry)/ソン・ソンジュ役

引用:公式サイト

シウォンの姉。

シウォンが中学生の頃、交通事故で亡くなっています。

大学時代、テウンと付き合っており、本当は同じバスに乗って大学の合宿に行くはずでしたが、一人で先に向かうことになったソンジュのバスが事故に遭い死んでしまいます。

ソン・ドンイル/ソン・ドンイル役

ソン・ドンイル/ソン・ドンイル役

引用:公式サイト

シウォンの父で野球監督。

「釜山カモメ」という野球チームの監督をしています。

アイドルに夢中のシウォンといつもケンカばかりですが、実は娘思いで、常に心配しています。

イ・イルファ/イ・イルファ役

イ・イルファ/イ・イルファ役

引用:公式サイト

シウォンの母。

専業主婦でいつも夫のドンイルと喧嘩ばかりしています。

夫がガンを患い闘病中にはガン患者が出てくるドラマのテレビ局に家族の気持ちを考えろと抗議する、実は夫思いの人です。

シン・ヨウル/チャン・ダンジ役

シン・ヨウル/チャン・ダンジ役

引用:公式サイト

シウォンの高校時代の友人でキュレーター。

H.O.Tのムン・ヒジュンが大好きで髪型を真似ており、33歳になった現在もまだ好きでいます。

チョン・ギョンミ/ウントッキ、チョン・ギョンミ役

チョン・ギョンミ/ウントッキ、チョン・ギョンミ役

引用:公式サイト

シウォンの高校時代の友人。

Sechs KiesのファンでH.O.Tファンであるシウォンと敵対しています。

ソナ/ウン陛下、キム・ソナ役

ソナ/ウン陛下、キム・ソナ役

引用:公式サイト

シウォンの高校時代の友人。

Sechs KiesのファンでH.O.Tファンであるシウォンと敵対しています。

シワン/ソウルのお兄さん役

シワン/ソウルのお兄さん役

引用:公式サイト

シウォンが高校時代チャットで知り合ったソウルの大学に通う大学生。

シウォンの家にかけた電話にユンジェが出て切られます。

トニー・アン/トニー・アン役

トニー・アン/トニー・アン役

引用:公式サイト

「H.O.T」メンバーでシウォンが大好きなアイドル。

本人が本人役で登場。

スポンサーリンク

応答せよ1997全キャストと相関図まとめ

韓国のケーブルテレビでは視聴率1%取れるとヒット作と言われていますが、最高視聴率7.55%を記録した2012年大ヒットドラマ!

高校生の初恋、家族、懐かしさを描き「応答せよ中毒者」が続出!

今では絶大な人気を誇る俳優のソ・イングクは実はこのドラマが初主演で、A Pinkのチョン・ウジンは初のドラマ出演にも関わらず、9つの新人賞を受賞し、女優としての才能を開花しました。

INFINITEのホヤもドラマ初出演となる今作では同姓を好きになるという難しい役柄に挑戦しています。

そして、実はシウォンの両親役のソン・ドンイルとイ・イルファは応答せよシリーズ3部作全てに両親役として参加されています。

本人役として出演されているH.O.Tのトニー・アンやSechs Kiesのウン・ジウォンにそっくりとしてウン・ジウォンがト・ハクチャン役で出演されており、懐かしさに拍車をかけています。

2012年と1997年を行ったり来たりしながら物語は進み、ドラマのキーワードとなる、誰が誰と結婚するのか、シウォンの夫は誰なのか?

伏線をはりながら、そして懐かしさをふんだんに忍ばせて、視聴者を楽しませてくれます。

初恋は実るのでしょうか?

沢山の胸キュンシーンがありますが、序盤から無条件願い事クーポン券を使うところ、そして、ユンジェが自分の気持ちを確認するためにシウォンへキスするところです!

応答せよシリーズにはなくてはならない、おなじみの羊の鳴き声メェ~~~など、独特な世界観、そして、すべての人の心に眠る初恋の懐かしさ、至上最高のラブストーリー「応答せよ1997」

是非、高校生のあの頃へ戻ってみませんか。