雪蓮花

雪蓮花全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

雪蓮花全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

1000年前に実らなかった悲しい恋、現代になった今ふたりの想いは明晰夢(ルシードドリーム)として姿を現します。

※明晰夢(ルシードドリーム)とは…

夢の中で自分が今、夢を見ているということを自覚している状態のこと

不思議な夢を見続けるスヒョンとヨンヒ、夜になるたびふたりは前世の夢を見ます。

ヨンヒは恋の結末から遡る夢を見て、スヒョクは出会いからの夢を見るのですが、どちらも結末は悲しいもの。

同じ夢でも逆に進んでいることで、つながらない二人の夢。

1000年前の恋人同士の記憶がつながるのはいつ?

ドラマチックすぎるストーリーが話題を呼んでいる雪蓮花(せつれんか)の相関図から全キャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

雪蓮花全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

公式サイトより当サイトにて作成

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

チ・ジニ/イ・スヒョン、ヤン・サンベク 2役

チ・ジニ/イ・スヒョン、ヤン・サンベク 2役

引用元:公式サイト

現代ではゲーム会社『ルシードドリーム』のCEO、1000年前では小作人の息子ですが、勉強ができてに身代わり受験をして学者になったヤン・サンベクです。

毎晩夢でヨンデに出会い、恋した記憶を思い出しますが、スヒョンの夢は出会う前から順を追っているので、どうして別れたのかなぜ一緒になれなかったのかがわかっていません。

ヨンヒの絵に自分の夢と同じ人物が出てくることを知って雇うものの、男性のヨンウと思っているので、ヨンデとは気が付きもしません。

それどころか、話のすべてを知っているという男ということは、かつての恋敵のムンジェなのでは?と疑ってヨンウを襲います。

実はムンジェは、小作人あがりのサンベクと仲良くしてくれていた身分の高い家の子息でしたが、婚約者をサンベクに取られて一転、ふたりを別れさせるためにいろいろ仕掛けてきた敵なんです。

ヨンウがムンジェだと信じてしまったスヒョンは、ヨンヒの姉を問い詰めます。

そこでヨンウが実は女性で、一生懸命探していたヨンデだとやっと気が付いて1000年の時を超えてやっとふたりは一緒になりますが…。

忘れてならないのは、スヒョンには結婚間近の婚約者ユラが居ること。

1000年前はヨンデに婚約者が居て、今度はスヒョンに婚約者が居て、立場は逆ですが現世でも、お互いの結婚式前に出会ってしまうサンベク(スヒョン)。

1000年越えの因縁とムンジェの呪いは、そう簡単には解けそうもないようですね。

イ・ジア/ハン・ヨンヒ(ヨンウ)、チュク・ヨンデ 2役

イ・ジア/ハン・ヨンヒ、チュク・ヨンデ 2役

現世では美術の講師のアルバイトをしている美大生、1000年前では女性ということを隠して男装をしているチュク・ヨンデです。

夜になると見る夢にうなされて暗闇がトラウマになっているヨンヒ。

かわいい姪っ子が、姉が働く会社の主催する父親との写生大会にどうしても出たい!

というので、父親に変装して参加して見事に優勝

そして、その絵をみた社長(スヒョン)に即座にスカウトされますが、父親でもなければ男性でもないため、スカウトに躊躇します。

とはいえ年俸が破格だったので、男性として入社することに決め、夢に出てくる話を元にイラストを描きますが、どうやら社長が書くシナリオと自分の夢が似通っていることに気が付きます。

そして、最初から順に夢を見ているスヒョンと、終わりからの夢を見ているヨンヒの話がつながった時、1000年前の怖い夢から解放されて喜んだのもつかの間。

スヒョンの婚約者のユラに襲われます。

気を失って屋上に連れて行かれて、落とされそうになるのですが…1000年前の最後の日も、ヨンデはムンジェに誤って崖から落とされて命を失っています。

…ということは、現世のヨンヒもこれで終わり?

せっかく会えて感動したのもつかの間、また永遠の別れになるのかと心配させられます。

前世も現世も一度男性として彼と知り合うって…最愛の人と、なかなかクセの強い出会いかたをするヨンヒです。

アン・ジェヒョン/マ・ムンジェ役

アン・ジェヒョン/マ・ムンジェ役

1000年前のヨンデの婚約者のムンジェ

政略結婚によってヨンデと結婚することになりますが、他の時代劇ドラマとは違って、ムンジェはこの結婚に乗り気です。

実はムンジェは元々ヨンデのことが大好きだったということで、結婚がうれしくて、ヨンデが可愛くて、サンベクにヨンデを紹介したのですが…。

それがきっかけで二人は知り合い、愛し合ってしまうのです。

こういう展開だとすると、ムンジェがお年寄りだとか、性格が悪いとか、はたまたブサイクで頭が悪いおぼっちゃまとか…なのですが、このムンジェに関しては、イケメンだし、ヨンデのことが好きだしといいところばかり。

視聴者的には、ちょっとおじさんなサンベクよりイケメンで家柄が良くて一途なムンジェを選んだほうが良いような気しかしないのですが、なぜかヨンデはサンベクに堕ちてしまいます。

一途な想いで二人を引き離そうとして、あげくヨンデを死に追いやってしまい1000年も苦しんだムンジェ、可愛そうすぎる人です。

チェ・ミンソン/カン・テジュ役

チェ・ミンソン/カン・テジュ

引用元:公式サイト

ヨンヒの大学の先輩です。

大学の先輩と言っても、つまりのところカレシ…友達以上恋人未満?の、関係です。

限りなく恋人寄りの友達なのですが、このテジュ先輩が優しくてなかなかの好青年。

ゲーム会社にいきなりスカウトされて、就職する気満々のヨンヒに向けて、「あの社長には、悪いうわさがある。」と、行かないでほしそうにしたり、「新車で走りたいから。」と、送っていく言い訳がかわいいです。

でも、現世でヨンヒのカレシだということは…もしかして、まさか前世はムンジェ!?

ソ・ジヘ/チェ・ユラ役

ソ・ジヘ/チェ・ユラ役

引用元:公式サイト

現代でのスヒョンの婚約者、1000年前では…(ネタばれになるので伏せておきます。)のユラ。

超お金持ちな財閥令嬢で、超美人。

ユラは、初対面からヨンウを女だと認知してしたり、写真を隠し撮ってヨンヒを脅したり、気持ちがわからなくもありませんが、なんだかとっても嫉妬深い女性です。

その嫉妬深さがどこから来るものなのか?なぜにスヒョンとの結婚に必死なのか。

それについてはドラマの最後までわかりませんので、ご期待ください!

ユラを演じているソ・ジヘと言えば、『黒騎士~永遠の約束~』のシャロン役で有名です。

あのドラマでも200年前の恋を引きずって、執着し過ぎて魔女になってしまいましたが、今作でも、あの冷酷で意地悪なシャロンの様な執着ぶりが見られますので、シャロンファンにはうれしいドラマとなっています。

キム・ミニ/ハン・ガンヒ役

キム・ミニ/ハン・ガンヒ役

引用元:公式サイト

ヨンヒの姉でスヒョンの会社のカフェのマネージャをしているガンヒ。

夫を亡くしてから娘のジョンウォンと、妹のヨンヒと一緒に暮らしています。

ジョンウォンのお願いで、務めている会社スヒョンの『ルシードドリーム』の父親と子供の写生大会に、妹のヨンヒと出席させます。

優勝して、欲しかった景品をもらえて喜んだのもつかの間、ヨンヒが会社からスカウトされて戸惑います。

叔父だと嘘をついたまま、年俸の破格さに心を奪われて就職させますが、後に社長直々に問い詰められてヨンヒが妹だと白状する羽目になってしまいます。

ちょっとした気持ちで、叔父と偽って写生大会に送り出したばかりに、とんでもない目に遭ってしまうガンヒです。

ナム・ドンチョル/ナム秘書役

ナム・ドンチョル/ナム秘書役

引用元:公式サイト

スヒョンの秘書です。

目立たない役ですが、俳優ナム・ドンチョルと言えば結構な数のドラマでいい味を出している役者さんなので、韓国ドラマファンならば、見知っている方が多いと思います。

スヒョンの言いつけで、実は存在しないヨンウを探す目になってしまいますが、異様な圧で結果的にスカウト大成功となる優秀な秘書です。

彼の頑張りがなければ、ふたりは再会できなかったと思います。

スポンサーリンク

雪蓮花全キャストと相関図まとめ

雪蓮花全キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

1000年前に実らなかった恋1000年後に成就させるというとてもロマンチックな話ですが、明晰夢(ルシードドリーム)でそれを思い出して二人が再び出会うまでの段階が、まるで謎解きのようでおもしろい!

視聴者側からは、お互いが前世の恋人だったことは第1話からわかるのですが、当の二人がなかなか気が付かないのがもどかしくてもどかしくて…。

そして最後のクライマックスには、とある秘密がわかります。

謎解き&前世から続くロマンチックラブストーリーと、盛りだくさんの内容ですが、実はこれだけの内容でたったの2話しかありません。

でも単発にしては出演陣が豪華なので、予想(彼らが出演を受けたということは、つまらないわけありません)通り見どころ満点でした。

時間がない時にうってつけの単発ドラマ、なにかと忙しい方におすすめのドラマです♪