七五三親の服装は着物?パパママ着物の色柄不安はこの1記事で解決!

Pocket

女の子は3歳と7歳、男の子は5歳になったら行う七五三。

子供の成長を感じられる大切な節目の1つでもあります。

七五三親の服装は着物がいいのでしょうか?どんな着物を選べばいいかご存知ですか?

色や柄にも失敗できないポイントがあるんですよ!

パパママの着物の色柄不安はこの1記事で解決してみませんか?

まとめてみました。

スポンサーリンク

七五三親の服装は着物がいい?

和式の行事の場合、和装と洋装では和装の方が格式が高いとみなされるそうです。

ですので子供に和装をさせるのなら家族で揃える方が格式が釣り合いバランスが良く見えます。

もちろん洋装にするなら親も洋装で。

親だけが着物だと親の方が格式が上がってしまいます。

せっかくの和式行事!パパも是非羽織袴でカッコよく決めていただきたいです。

家族皆が着物を着る機会も頻繁にあるわけでは無いのでご家族にとって素敵な思い出になると思います。

着物の色選び失敗しない色は?

この色でなければいけない!という色の決まりはありません。

ただし、あまりにも目を引く彩度の高い着物はふさわしくありません。

反対に喪を連想させるような暗い色合いの着物も避けます。

上品で落ち着いたイメージではありますが、濃紺や群青も七五三にはふさわしくありません。

もっと明度の高い明るい色合いのものを選びましょう。

明度の高いものは柔らかく控えめな雰囲気になります。

パパの羽織袴も同様に羽織の色が深い色合いの時は中の着物の明度をあげてバランス良く、暗くなり過ぎないように注意します。

子供の着る着物に合わせて色を選んでもいいですね!

スポンサーリンク

七五三にふさわしい色柄は?

パパとママの着る着物、羽織袴はどちらも紋無しのもので大丈夫です。

一つ紋、三つ紋を付けるのが主流だった時代もありますが現在は主流が変わり付けません。

七五三ではママも正装をします。

    • 訪問着
    • 色無地
    • 付け下げ
    • 江戸小紋(礼装用)

から選びます。

この4つの中では「訪問着」1番華やかです。

ざっくり分けると

  • 色無地は柄の無い無地の色付き着物。
  • 付け下げは訪問着より柄がグッと落ち着いたもの。
  • 江戸小紋は色無地に細かい模様が入ったもの。礼装用であっても華やかさは控えめ。

結婚式、入学式などの式典、七五三などお祝いの行事には訪問着を着れば間違いありませんので訪問着がベストだと思います。

肩から裾まで華やかに流れるように優雅な模様が入っていることが特徴です。

着物の柄は何を選ぶ?

着物に描かれている柄、じっくり見たことはありますか?

を表しているものには桜、桃、牡丹、菖蒲。

を表しているものには紫陽花、竹、あやめ、撫子。

を表しているものには桔梗、萩、紅葉、山茶花。

を表しているものには松、椿、梅、菊。

日本の四季折々の草花が描かれているんです。

とても日本的で美しいですよね♡

四季ごとに分かれているものを楽しみたいママ冬の柄から選びましょう。

着物は1ヵ月半程先取りをして柄を選ぶことがおしゃれとされているので秋の七五三には冬の柄を着ます。

粋でとてもおしゃれですよね♥

季節に関係なく選びたいママは1年どの季節でも問題なく着られる四季の草花がミックスして描かれている柄から選びましょう。

例えば桜と紅葉の組み合わせ、桜と菊の組み合わせは通年着て問題ありません。

蝶も縁起が良いとされ好まれていますよ。

季節に関係なく慶事で着られる着物の柄

吉祥文様(きっしょうもんよう)有職文様(ゆうそくもんよう)はお祝いの席にピッタリの柄として有名です。

吉祥文様(きっしょうもんよう)とは扇、松竹梅、四君子(蘭、竹、菊、梅の4種の事)などの縁起が良いといわれるものを使用した文様です。

有職文様(ゆうそくもんよう)とは花菱、七宝、唐草、などの日本に古来から伝わる伝統的な文様です。

落ち着いた上品な印象になります。

スポンサーリンク

七五三親の服装は着物?パパママ着物の色柄まとめ

七五三親の着物や色のまとめ

こんな方におすすめ

  • ママは「訪問着」を選べば間違いない
  • 着物も羽織袴も明度の明るいものバランスを見て選ぶ
  • 紋は無くていい
  • 着物の柄は「冬の柄」「通年の柄」「お祝いの柄」から好みで選ぶ

記念に残る素敵な1日になりますように。

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。