帝王の娘 スベクヒャン

帝王の娘スベクヒャンキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

帝王の娘 スベクヒャンキャスト画像付きで相関図から登場人物を解説!
Pocket

帝王の娘である「スベクヒャン」の座を巡り、異父姉妹の運命が繰り広げられていく大型ロマンス時代劇!

「善徳女王」「トンイ」に続く豪華絢爛さと、三国時代に繰り広げられる切ない愛の結末をぜひご覧いただきたい作品です!

6世紀の百済(ペクチェ)、第24代王様である東城(トンソン)王が国を治めていました。

加林(カリム)城の城主であるぺク・カの娘チェファは王の従弟であるユンと愛し合っており、子供を身ごもっていました。

しかしユンはそのことを知らず、ユンが戦地に行って無事帰ってきて子供が出来たら子供の名前を「スベクヒャン」とつけるようチェファに言います。

一方でチェファの父親ぺク・カは東城王から屈辱を受け恨みをもっていました。

ユンとチェファが実は愛し合っているという事実を知り、東城王がいなくなるとチェファが王妃になるのではと策略を巡らせます。

ユンの側近ネスクからもぺク・カは東城王を暗殺するよう唆されてしまい、暗殺しようとしますがユンにばれてしまいぺク・カは自害に追い込まれてしまいました。

父親が亡くなってしまったチェファは伽耶へと移り、女の子を産みますが「スベクヒャン」とは名付けず「ソルラン」と名付けます。

ユンは第25代王様武寧(ムリョン)王として即位し、「息子を守れ」という東城王の遺言にのっとって自分の息子と東城王の息子を取り換えて、大事に育てました。

時がたちチェファと家来であったクチョンとの間に生まれたソルヒは、異父姉のソルランが武寧王の子供だと知り彼女に成りすますことを考えます。

そんな運命を狂わされた4人の男女の愛と野望が見える「帝王の娘 スベクヒャン」の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャンキャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

画像引用:公式サイト

それでは登場人物と役柄をみていきましょう♪

ソ・ヒョンジン/スベクヒャン(ソルラン)役

ソ・ヒョンジン/スベクヒャン(ソルラン)役

百済の第25代王様武寧王とチェファとの間に生まれた娘です。

素朴な性格の持ち主で、村でも仲間と一緒に作物を採ったりと天真爛漫です。

ソ・ヒョンジン/スベクヒャン(ソルラン)役

仲がよく、楽しそうですね!

ソルランは東城王と東城王の息子ミョンノンの前で踊りを披露することになりました。

しかしソルランは緊張する様子もなく、華麗に踊りをします。

その様子を見たミョンノンは、ソルランへと惹かれていきます。

王宮で2人は逢瀬を交わします。

ソ・ヒョンジン/スベクヒャン(ソルラン)役

ソルランも満更でもない様子ですが、相手は王様の息子ですから身分が違いすぎますね・・・。

しかし身分が違うからこそ燃え上がるのがです。

ソルランとミョンノンは無事結ばれることができるのでしょうか?

ソウ/ソルヒ役

ソウ/ソルヒ役

チェファとチェファの家来であったクチョンとの間に生まれた娘です。

伽耶の村では知らないものはいないというぐらいの美貌を持ちます。

ソルヒは落ちぶれた伽耶から抜け出して百済に行きたいとずっと思っていました。

そしてある日突然母親から姉が武寧王との子供だということを知ります。

その頃から姉妹の仲がぎくしゃくするようになりました。

ソウ/ソルヒ役

まさか姉が身分の高い人の子供だったなんて知ったら驚きますよね。

ソルヒのそのことを知ってから、帝王の娘の地位を獲得するべく本来姉が得るはずの王女の地位を得ろうと画策します。

ミョン・セビン/チェファ役

ミョン・セビン/チェファ役

武寧王にたった一人愛された女性で、ソルヒやソルランのお母さんです。

武寧王のことを愛していましたが、父親であるぺク・カを殺した存在でもあるのでこれ以上愛することができなくなりました。

イ・ジェリョン/武寧王(ユン)役

イ・ジェリョン/武寧王(ユン)役イ・ジェリョン/武寧王(ユン)役

百済の中興時代を築いた王様です。

チェファと密かに愛し合っており、子供を授かっていましたがそのことを知らずにいました。

ある日東城王がチェファの父親であるぺク・カに殺されてしまいます。

その後武寧王は東城王の遺言である「息子のチンムを守ってほしい」という言葉を聞き、自分の息子と交換することにしました。

何も知らない2人の息子は、親を入れ替えられてしまいます。

子供には関係ないのに・・・悲しいですね。

ユン・テヨン/クチョン役

ユン・テヨン/クチョン役

チェファの夫で、ソルヒのお父さんです。

ぺク・カの家来で力持ちですが、言葉を話すことができません。

ぺク・カが謀反の罪で殺された際、チェファも自害しようとしたところを助けます。

チョン・チャン/東城王役

ぺク・カによって暗殺されてしまった王様です。

チョ・ヒョンジェ/ミョンノン役

チョ・ヒョンジェ/ミョンノン役

東城王の息子ですが、小さい頃に取り換えられ武寧王の息子として育てられました。

後に第26代聖(ソン)王となります。

氷のように冷たい面もありますが、民にはとても広い心を持ち武寧王を助けます。

チョン・テス/チンム役

チョン・テス/チンム役

武寧王の息子ですが、小さい頃に取り換えられてしまい東城王の息子として育てられました。

東城王が暗殺されたため、一日で太子の地位から引きずり降ろされたと思っています。

武寧王からは酷い仕打ちを受け、物を投げられることもあります。

そのため実は本当の父親である武寧王に対して復讐してやると憎しみを持っています。

またソルヒに対していきなりキスをしたりするんです!

チョン・テス/チンム役

ソルヒはあまりにいきなりのことだったので、驚愕していますね。

彼は一体何を考えているんでしょう・・・。

イム・セミ/ウネ王后役

イム・セミ/ウネ王后役

武寧王の正妻で、ネスクの一人娘です。

若い故に子供が中々できませんが、楽天的な性格の持ち主です。

アン・ソクファン/ぺク・カ役

アン・ソクファン/ぺク・カ役

※右の男性です。

チェファの父親で、武寧王の部下でした。

自分の娘が王后になることを夢見て、東城王を暗殺してしまいます。

チョン・ソンモ/へ・ネスク役

チョン・ソンモ/へ・ネスク役

※左の男性です。

武寧王の一番の家臣です。

ぺク・カに東城王を殺すよう唆した人物です。

スポンサーリンク

帝王の娘スベクヒャンキャストと相関図まとめ

帝王の娘 スベクヒャンは実際に存在した武寧王の娘をモチーフにして描かれたドラマです。

ソルヒに王女の地位を選ばれましたが、百済の諜報団「ピムン」を導き、百済に勝利を齎した後に死んでしまう悲しい女性の物語を見ることができます。

ソルラン役には今作初主演となる「浪漫ドクターキム・サブ」のソ・ヒョンジンに、ソルヒ役には「ガラスの仮面」のソウ。

ソルランに恋をするミョンノン役には「著童謡(ソドンヨ)」のチョ・ヒョンジェと、王が実の父親と知らず復讐を誓うチンム役には「トキメキ★成均館スキャンダル」のチョン・テスと素晴らしい俳優が勢ぞろいです!

異父姉妹ではありますが、お互いに刃を交わすようになる熾烈な争いが始まります。

帝王の娘 スベクヒャンキャストと相関図まとめ

ソルランは百済を守るスベクヒャンになることができるのでしょうか?

ソルヒはこのまま王女の座を守り切ることができるのか・・・?

絡み合う人間関係の行方をご覧ください!!

⇒異父姉妹の運命の結末を覗く!