太陽を抱く月

太陽を抱く月キャスト画像付で相関図から登場人物を総まとめ

太陽を抱く月キャスト画像付で相関図から登場人物を総まとめ
Pocket

韓国でベストセラーとなった小説が2012年にドラマ化され、最高視聴率46・1%を記録した話題作です。

このドラマは、李氏朝鮮の架空の時代を舞台にした物語です。

子供時代、運命のように恋に落ち、叶わなかった恋の相手ヨヌを思い続ける王イ・フォンキム・スヒョンが、陰謀により死に追い詰められるも記憶を失い、巫女となってフォンと再会するウォルホ・ヨヌ)ハン・ガインが演じます。

そして、そんなヨヌに思いを寄せる、フォンの異母兄弟、陽明君(ヤンミョングンをチョン・イルが演じます。

またこのドラマは子供時代も見逃せません。

子役時代のイ・フォンをヨ・ジングが、ホ・ヨヌをトンイでおなじみの「国民の妹」キム・ユジョンが演じています。

フォンとヨヌが運命のように惹かれあい、また権力によって引き離されてしまう切ない二人の幼少期をこの子役の二人が演じます。

また、ヨヌの兄、ホ・ヨムにはZE:Aのイム・シワンが演じます。

運命と権力に翻弄される王と巫女の物語、太陽を抱く月の相関図からキャストと登場人物を画像付きで解説させていただきます♪

スポンサーリンク

太陽を抱く月キャスト画像付きで相関図から登場人物を総まとめ

出演キャストと相関図をご紹介していきます♪

相関図がこちら♪

※画像をクリックすると大きくなります

引用元:公式サイト

キム・スヒョン/イ・フォン役

引用元:公式サイト

朝鮮王朝の王。

まだフォンが世子であった時、宮殿の外に出ようと塀によじ登っていたところに、ヨヌと出会います。

ヨヌに泥棒扱いされますが、この出会いをきっかけにフォンはヨヌのことを一途に思っていました。

二人は惹かれ合い、微笑ましく幸せな日々を手に入れるのも目前でしたが、大王大妃の陰謀によりヨヌを失い、心を閉じてしまいます。

その後、ボギョンを王妃として迎えますが、ヨヌへの思いが忘れられずボギョンを拒み続けていました。

そんなある時、山でヨヌに似た巫女と出会い、巫女の話を聞いているとヨヌを思い出してしまいます。

そして名前が無いという彼女にウォルと名付けました。

そんなウォルが、厄受け巫女として寝所にいるところ、フォンは目を覚まし巫女に何者だと迫ります。

キム・スヒョン/イ・フォン役

引用元:公式サイト

部屋を明るくするよう命じたフォンは、その場にいた巫女がウォルであることに驚きますが、山で会ったこともあり間者なのではとウォルを疑い、王宮から追い出すよう命令します。

しかし、ヨヌに似ているウォルのことが気になって仕方なく、厄受け巫女として呼び戻すのでした。

近くにいるヒョンソンやウンに気が付かれるほど、ウォルに心揺れしまいます。

ある時、ウォルと一緒に庭を歩き悲しい思い出のある隠月閣の前で立ち止った時、ウォルが「ここに王様の思い出と悲しみが?」とつぶやき、耳を疑います。

ウォルがヨヌではないかと思い、正体を知りたいフォンは、ウォルに接近し側近たちの目をそらし二人で話す機会を作ろうとします。

キム・スヒョン/イ・フォン役

引用元:公式サイト

ウォルの手を引き、人気のない建物で二人きりになり「私を本当に知らないのか」とウォルに尋ねます。

記憶を無くしているウォルからはフォンが望む返事はありませんでした。

ついにフォンはボギョンとの床入りを迎えますが、フォンは意識を失い倒れてしまいました。

そのことが原因でウォルは拷問を受け、貧民の治療を行う活人署に送られたウォルが隠月閣の前に佇んでいました。

フォンの元を去ろうとするウォルの腕を掴み引き止めます

引用元:公式サイト

体は辛くないか、活人署での生活は辛くないか、誰もいない場所で暮らすこともできるとウォルを思いやります。

これ以上、憐れみで思い揺れないで欲しいとウォルに言われその場を離れる二人です。

お互い思い合っているのに、ウォルはヨヌなのに、切ないシーンが続きます。

ノギョンに真実を聞いたフォンはウォルがヨヌであることがわかり、活人署にいるヨヌの元に向かうのでした。

しかし、同じくヨヌに思いを寄せている陽明君がフォンの前に立ちはだかります。

キム・スヒョン/イ・フォン役

引用元:公式サイト

ヨヌを一途に思う者同士、しかも兄弟であるということが非常に切ないシーンです。

しかし、ヨヌと出会った頃からお互い思い合っていたフォンは、自分の女性であるという自信に満ち溢れていました。

フォンはヨヌと、出会った頃のような幸せな日を過ごすことができるのでしょうか。

また陽明君との関係はどうなるのでしょうか。

ハン・ガイン/ホ・ヨヌ(ウォル)役

引用元:公式サイト

巫女。

のちにフォンの王妃となります。

幼少期フォンと恋に落ち、世子嬪に選ばれるも大王大妃の策略により死の呪いをかけられてしまいます。

原因不明の病によって弱っていたヨヌは亡くなってしまいます。

しかしそれはノギョンによる作戦で、一度亡くなった状態に見せかけて埋葬されますがノギョンの手によって生かされることになります。

過去の記憶を失い、巫女として成長したのでした。

ウォルが厄受け巫女として宮殿に出入りするようになったとき、お忍びで街を散策していたフォンと出会います。

人形劇を一緒に見ながら、ヨヌへの思いを話すフォンに優しいまなざしで見つめます。

引用元:公式サイト

巫女として別の人生を歩む事になったウォルですが、フォンと陽明君、そして王室から離れられない運命のようです。

大王大妃やユン・デヒョンなど、ボギョンの懐妊を望む者らの待ちに待ったフォンとボギョンの床入りがやってきます。

しかしその床入りの際、フォンは突然倒れてしまうのですが、フォンに呪いをかけたとウォルは疑いをかけられ、拷問を受けます。

疑いは晴れたものの、王を惑わした罪で活人署という貧民の治療を世話する場所に送られてしまいます。

ハン・ガイン/ホ・ヨヌ、ウォル役

引用元:公式サイト

ウォルは活人署に送られる前、隠月閣に閉じ込められていました。

隠月閣は、フォンとヨヌにとって思い出の場所でもあり、悲しみのある場所です。

そこでウォルはその当時の記憶がよみがえり、ヨヌが自分であるということを思いだすきっかけとなったのでした。

しかし、その事実は胸に秘め、ウォルとして活人署に連行されるのでした。

ですが、フォンもウォルがヨヌである事実を知り、徐々に今までの陰謀が明るみになると、ウォルはヨヌとして生きることになります。

最後は母と再会を果たします。

ハン・ガイン/ホ・ヨヌ、ウォル役

引用元:公式サイト

一度、街で母とぶつかってしまったことがありましたが、記憶を失っていたのでわかりませんでした。

王妃になる運命だったが故、苦難の連続だったヨヌはフォンと幸せに暮らすことが出来たのでしょうか?

チョン・イル/陽明君役

引用元:公式サイト

フォンの異母兄。

政権の火種となる側室の息子であるため、父の成祖からは距離を置かれていました。

ウンとヨムとは幼少期から仲が良く、ヨムの妹であるヨヌに恋心を抱いていました。

ヨヌが亡くなったと聞き、思いを伝えなかったことを後悔しています。

街で巫女となったウォルを見かけ、すぐにヨヌであることに気が付きます。

記憶がないウォルに、相手にされませんが、ヨヌへの後悔があるので諦めません。

チョン・イル/陽明君役

引用元:公式サイト

しかし、運命のいたずらとはこういうことなのでしょうか。

王であるフォンと巫女のウォルが街で人形劇を見ている姿を目撃してしまいます。

この時の嫉妬している陽明君の表情は印象深かったです。

ウォルを手に入れようと、強引なところもありましたが、最後は彼女を思い再び身を引きます。

最終的に、政権争いに巻き込まれ悲しい結末となってしまいます。

キム・ミンソ/ユン・ボギョン役

キム・ミンソ/ユン・ボギョン役

引用元:公式サイト

王妃。

ユン・デヒョンの娘でもあります。

父や大王大妃の策略によりフォンの王妃となりますが、フォンから拒まれています。

自分は拒まれているのに、巫女のウォルと過ごしていることが気に入らず嫉妬します。

自分が世子嬪として選ばれたことで、自分の父親たちがヨヌを殺したことを知っているボギョンは、罪の意識に苛まれ不安定になります。

特に、ボギョンが悪いことをしたわけではないのですが、父親が悪い立場にあったために可哀そうな立場でした。

ソン・ジェリム/キム・ジェウン、ウン役

引用元:公式サイト

フォンの護衛官。

ヨムと共に科挙の武科に首席で合格し、フォンの護衛官となります。

忠実にフォンに従い、常にフォンのそばにいるためヒョンソン同様、ウォルへの思いもいち早く気が付きます。

冷静沈着で、基本的に無口です。

ヨムと陽明君と仲が良く、時にフォンと陽明君の間で揺れフォンに事実を伝えないことがありますが、すぐにフォンに見破られてしまいます。

ソン・ジェヒ/ホ・ヨム役

ソン・ジェヒ/ホ・ヨム役

引用元:公式サイト

ヨヌの兄。

ミナ王女の婿でもあります。

科挙の文科に首席で合格し、フォンの講師として選ばれます。

成祖からは、フォンの片腕として期待されていました。

妹のヨヌが死の間際に書いた手紙を、フォンに渡したことで、ヨヌの死の調査のきっかけを作ることになります。

自身の妻であるミナ王女が、妹を死に追いやったという事実は、大変つらい現実でした。

しかし、ミナ王女の事を心から愛していました。

ナム・ボラ/ミナ王女役

ナム・ボラ/ミナ王女役

引用元:公式サイト

フォンの妹。

ヨムの妻です。

幼少期から美しく聡明なヨムに惚れ、ヨムとの婚姻を望んでいました。

その恋心を、大王大妃に利用されヨヌ殺害に知らずのうちに加担してしまいます。

そんな過去を抱えながら、ヨムの妻となり、義理母のシン氏とも仲良く暮らしていました。

のちに、ヨヌ殺害に加担していたことを、兄であるフォンに暴かれてしまいます。

ユン・スンア/ソル役

ユン・スンア/ソル役

引用元:公式サイト

ヨヌの家の使用人。

奴婢という身分ではありながら、ヨヌに大切な友人として接してもらっていました。

ヨヌをいつもそばで見守る存在です。

記憶を無くしたヨヌを守るため、男装して護衛をします。

そして、ヨヌの兄ヨムに思いを寄せていました。

最後は自分を犠牲にして、ヨムの事を守るシーンがあります。

ソルはヨムに思いを伝えられたのでしょうか。

チョン・ミソン/チャン・ノギョン役

チョン・ミソン/チャン・ノギョン役

引用元:公式サイト

国巫。

朝鮮最高の霊力を持つ巫女です。

大王大妃により、ヨヌを殺すよう命ぜられますが、親友の巫女からの願いもあり、ヨヌの死を偽装しヨヌを助けます。

その後、巫女となったヨヌを養女とし、点々としながら日々を過ごしていました。

引き裂かれた縁が再び結ばれることで、ヨヌの身を案じ、陽明君やフォンとの接触を避けるようにしますが、ウォルがヨヌである事実は知るところとなります。

チョン・ウンビョ/ヒョンソン役

チョン・ウンビョ/ヒョンソン役

引用元:公式サイト

フォン付の内官。

フォンが世子の時からフォンの側近として見守っています。

フォンがヨヌに思いを寄せていることも、巫女のウォルに思いを寄せていることもお見通しです。

ヨヌがウォルである事実が発覚し、フォンと結ばれた際には自分のことのように喜んでいました。

表情豊かに、フォンを見守る姿が見所です。

アン・ネサン/成祖役

アン・ネサン/成祖役

引用元:公式サイト

前王。

フォン、陽明君、ミナ王女の父です。

自身が可愛がっていた、異母弟のウィソングンを罪もなく殺したのが実の母であることを知りながら、私情を見せぬように努めていました。

世子嬪選びの際、甥の娘であるボギョンを推す大王大妃に対し、ウォソングンの死の事実は知っている、これ以上を欲を出さないように忠告します。

のちに、ヨヌの死に娘であるミナ王女が関与している事実を知り、娘を守るため調査を中止します。

この事実を抱えたまま亡くなってしまいます。

キム・ソンギョン/王妃(大妃)ハン氏役

キム・ソンギョン/王妃(大妃)ハン氏役

引用元:公式サイト

フォンの母。

フォンをことを考え、フォンが懐いている陽明君と会わせてあげて欲しいと成祖に頼みますが聞き入れてもらえませんでした。

親を王に持つフォンとミナ王女の境遇を考え、優しく2人を見守ります。

キム・イリョン/ヒビンパク氏役

キム・イリョン/ヒビンパク氏役

引用元:公式サイト

陽明君の母。

陽明君が怪我をして、ウォルを連れて母の元に来た時、ウォルがヨヌであることに気がつきます。

そして、自分の息子の恋が報われない恋であることを哀れみます。

ウォルがフォンに連れられて、陽明君の元を離れたあと、「自分の好きなようにしなさい」と言いました。

地位も名誉を捨ててでも一緒になりたい女性がいると言った息子を思っての言葉でした。

父親である成祖からも遠ざけられていた陽明君を誰よりも想っているのでした。

キム・ヨンエ/大妃(大王大妃)ユン氏役

キム・ヨンエ/大妃(大王大妃)ユン氏役

引用元:公式サイト

フォンの祖母。

成祖の母。

王座と一族の地位のために、成祖の義理弟ウィソン君やヨヌの殺害を命じます。

ヨヌの殺害の際、ヨヌの兄と婚姻をしたがっていたミナ王女を利用し、ヨヌ殺害に加担させます。

成祖の死後、大王大妃となりフォンと対立していきます。

キム・ウンス/ユン・デヒョン役

キム・ウンス/ユン・デヒョン役

引用元:公式サイト

領議政。

ボギョンの父です。

大王大妃の甥でもあるため、大王大妃の指示のもと様々な策略を実行していきます。

外戚としての勢力拡大をもくろみ、ボギョンが王妃となったことで権力はさらに強いものとなります。

自分の権力の為なら、娘でさえも利用しようとしますが、最後は自身も裏切りに合うことになります。

ソヌ・ジェドク/ホ・ヨンジェ役

ソヌ・ジェドク/ホ・ヨンジェ役

引用元:公式サイト

ヨヌの父。

大提学で成祖の信頼厚い重臣です。

息子のヨムが首席合格した時は、式に参列中も口元を緩めるほど、喜んでしました。

ヨヌが原因不明の病になった時、ヨヌを助けるためにノギョンから受け取った薬を飲ませたことでヨヌが死んでしまったため、それが原因で自害してしまいます。

ヤン・ミギョン/シン氏

ヤン・ミギョン/シン氏

引用元:公式サイト

ヨヌの母。

ヨヌを妊娠中、巫女のアリを助けます。

そのことが、のちにヨヌを助けることになります。

ヨヌが亡くなってから、酷く落ち込みますが、ヨムが結婚しミナ王女の明るさで回復していきます。

ある時、道で巫女となったウォルにぶつかられたことがありますが、ヨヌに似ていたせいなのか、何か感じたような表情を見せています。

ヨヌと再会し、生きていたことを知ったシン氏は、涙を流して喜びます。

ヨ・ジング/イ・フォン(子供時代)役

ヨ・ジング/イ・フォン(子供時代)役

引用元:公式サイト

世子。

子ども時代のフォンです。

科挙合格者のための儀式を行っている時、宮殿から抜け出そうと壁を登っていたところ、兄の儀式を見に宮殿に来ていたヨヌに見つかります。

蝶に導かれるように目の前にやってきたヨヌに見とれ、我に返ったフォンは壁から落ちてしまいます。

落ちてしまったフォンと巻き込まれたヨヌは偶然にも、このような状態で倒れこんでしまいます。

ヨ・ジング/イ・フォン(子供時代)役

引用元:公式サイト

最初こそ、ヨヌに泥棒扱いされて言い合いになりますが、兄である陽明君への悩みを話したり、それをヨヌに励まされたりします。

その時、ヨヌに詩を送ります。

しかしもう会うことは無いと思ったフォンですが、自分の講師のヨムがヨヌで兄であることを知り、ヨヌの事を思い出したり、

謎かけをしたりとヨヌを気にかけるようになります。

ヨヌからの返事のフミが、押し花がされているばかりか綺麗な字に漢字まで記してあることに感動します。

互いに惹かれ合い、フォンはヨヌに思いを告げますが、この後フォンに待ち受けているのは切なく悲しい現実でした。

キム・ユジョン/ホ・ヨヌ(子供時代)役

キム・ユジョン/ホ・ヨヌ(子供時代)役

引用元:公式サイト

ヨヌの子供時代です。

読書が好きで、賢い少女です。

フォンの正体を知らずに、国の政治に対し苦言を呈するなど、自分の意見を持ちはっきり発言する性格です。

ミナ王女の学友として宮中に出入りするようになります。

ボギョンの嘘により、フォンはボギョンを好いていると勘違いしますが、フォンからも思いを告げられ、その思いを受け止めます。

聡明なところが王にも気に入られ、世子嬪に選ばれ幸せでいっぱいでしたが、大王大妃の策略で死の呪いをかけられてしまいます。

イ・ミノ/陽明君(子供時代)役

引用元:公式サイト

陽明君の子供時代です。

ヨムとウンと仲が良く、ヨムの妹であるヨヌに惹かれています。

異母弟である世子の世子嬪候補として選ばれたヨヌの事を諦めますが、ヨヌが亡くなったことを聞き、フォンに「私ならヨヌを守った」と攻め立てます。

この出来事が、ウォルとして再会した後の行動に影響するのでした。

キム・ソヒョン/ユン・ボギョン(子供時代)役

キム・ソヒョン/ユン・ボギョン(子供時代)役

引用元:公式サイト

ボギョンの子供時代です。

ヨヌと共にミナ王女の学友となります。

ヨヌの兄、ヨムに夢中なミナ王女がヨヌにばかり世話をやくため面白く思っていませんでした。

また世子嬪候補として選ばれている時も、フォンが自分のことを好いていると捉えられるような嘘をつきます。

自分の父親がヨヌを殺したということを知っていますが、その事実に苦しめられることになります。

イム・シワン(ZE:A)/ホ・ヨム(子供時代)役

イム・シワン/ホ・ヨム(子供時代)役

ヨムの子供時代です。

容姿端麗で才能があるため、フォンの講師として選ばれます。

そして妹であるヨヌの事を大切に思っています。

世子とヨヌの関係を知り、さらにはヨヌ以外の世子嬪候補が内定しているという噂を知っているため、政争の犠牲になるかもしれないから、仮病を使って世子嬪に選ばれないようヨヌに進めます。

そんな兄の思いも届かず、ヨヌは世子嬪となり、権力争いに巻き込まれ亡くなってしまいます。

しかし、ヨヌの死の真相が自分にまで及ぶとは思ってもみなかったでしょう。

チン・ジヒ/ミナ王女(子供時代)役

チン・ジヒ/ミナ王女(子供時代)役

引用元:公式サイト

ミナ王女の子供時代です。

ヨムを一目見て惚れてしまいます。

ヨムを自分の講師にしてほしいと願い出たり、婚姻したいと懇願したりとヨム一直線です。

しかしその恋心を大王大妃に利用され、知らぬ間にヨヌ殺しの片棒を担ぐことになります。

学友でもあり、自分の大好きなヨムの妹でもあるヨヌを殺してしまった事実は、父によって暴かれることを免れますが、最終的に兄のフォンに暴かれてしまいます。

イ・ウォングン/ウン(子供時代)役

イ・ウォングン/ウン(子供時代)役

引用元:公式サイト

ウンの子供時代。

ヨムと陽明君と仲が良く、酒を三人で飲むこともありました。

自由奔放で旅に出ていた陽明君が戻ってきた際、再会の抱擁で飛び込んできますが、サラッとかわすクールな一面があります。

しかし3人で、ヨムと陽明君の言い合いを聞いていて珍しく笑う一面もあります。

そしてソルがヨムに思いを寄せていることにも気がつくほど、周りが見える人間です。

のちに護衛として仕えるフォンと陽明君との間で揺れることが来るとは思っていなかったでしょう。

ソ・ジヒ/ソル(子供時代)役

ソ・ジヒ/ソル(子供時代)役

引用元:公式サイト

ソルの子供時代。

ヨヌの家の使用人で奴婢です。

ヨヌと一緒に町に出た際、陽明君とヨヌが話している時に一人で町を走っていたらボギョンとぶつかってしまう出来事がありました。

その際、ボギョンの付き人の巾着が無くなり疑われてしまいます。

ボギョンの家のものに痛めつけられますが、ヨヌから守ってもらいます。

それ以降、ソルはヨヌの元でヨヌを守るのでした。

スポンサーリンク

太陽を抱く月キャスト相関図まとめ

太陽を抱く月は、将来有望な若手俳優が多く出演していたドラマです。

主役から子役時代まで、実力のある俳優が演じているので見応え十分です。

他の時代劇ドラマは、少し見なくても…と思ってしまいがちなのですが、幼少期の出来事が非常に重要なポイントとなっていることもあり、ついつい魅了されてしまいます。

フォンとヨヌの出会いから、二人が結ばれ、引き裂かれるまでがロマンティックでもあり、切なくもある前半でした。

後半は、巫女として現れたヨヌそっくりのウォルに、翻弄されるフォンと陽明君が見所です。

特に、幼少期から世子としてなんでも手に入ることができたフォンに対し、ウォルだけは自分のものにしたい陽明君の思いには見ている方としても応援したくなってしまいました。

韓国ドラマを見るたびに、報われない恋を応援したいと思う心理が働いてしまいます。

そんな、大人たちの欲望渦巻く宮中で繰り広げられる、ラブロマンス時代劇太陽に抱く月をぜひご覧ください。

⇒王と巫女の恋の結末を覗く♡